【アンビリバボー】300人の父 山本慈昭(やまもと じしょう)啓江さんと再会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


6月15日の「アンビリバボー」で300人の父・山本慈昭さんの人生が紹介。
ドラマ女囚セブンも好調な剛力彩芽が司会。バナナマン設楽&日村に、
ゲストとしえ指原莉乃(HKT48)&関根麻里を迎えた今夜は・・・

300人の父 山本慈昭(やまもと じしょう)さんの人生が紹介!

長野県の阿智村にある山本さんのお墓には墓参りに多数の人々が訪れます。
山本さんがそれほど慕われている理由は何かというと・・・

実はこの男、300人もの人々の父親になったといいます。
なんか「300人の父親」と聞いただけで血がつながった子供が300人いるのだと、
個人的には想像してしまいました。

エジプト王とか、子だくさんな独裁者とかと思ったのですが、
実の子という意味では、なさそう(そりゃそうか・・)
養子・・というのも多すぎるので孤児院で育てたのか?などど、
いろいろ想像しますが、ちょっと調べて見ました。

中国残留孤児の父・山本慈昭に書かれているのを見ると、実子300人ではないようです。

まったく違い、やはり多くの人を救ったという人物のようです^^;

アンビリバボー 山本慈昭

72年前の第二次世界大戦中、山本さんは阿智村で教師をしていました。
その当時日本政府は、満州への移住することを勧めており、
山本さんも満州開拓団として家族とともに中国北部の満州国に渡ります。

山本さんは1年だけという約束で子供達の教師として中国に渡りますが、
そのわずか3カ月後に、ソ連が満州国へ侵攻を開始し、
山本さんたち開拓団の人々は戦争にのまれます。

そんな生活が1カ月続いた頃、終戦。
敗戦国である日本人の男たちはシベリアに抑留されることとなります。

家族との再会を夢見て過酷な労働に耐え続け、
1年半後にやっと帰国して知ったのは、妻と子の死亡。

山本さんは何故300人の父と呼ばれているの?

妻と子の死亡という知らせに落ち込んでいた山本さん。
しかし、妻と子意外にも50人ほどいた当時の教え子も、
ほとんど亡くなってしまい、数人しか生存していないと知ります。

しかし、その後、開拓団の1人の証言により、
子供達の命を救うために、死んだとウソをつき、
中国人養父母のもとに預けてきた
」という真実がわかります。

多くの子供がそうして中国人養父母の元へ預けられており、
山本さんの娘・啓江さんも養父母の元で生きていたのです。

その後山本さんは、そんな離ればなれになった親子を、
引き合わせる事に尽力します。

「日中友好手をつなぐ会」を設立し、中国残留孤児と、
本当の両親を再会させる活動に生涯を支えます。
そして「中国残留孤児の父」と呼ばれるほどになり、
そのため「300人の父」と呼ばれるようになったのですね。

ちなみに山本さんと娘のひろえさんも、
離ればなれになってから37年ぶりに再会
できたそうです。

【中島菜保子 自殺】いじめ 加害者の名前が特定(画像まで拡散の恐怖)取手 藤代南中学校!
藤代南中学3年の中島菜保子さんが自殺した件で両親に市教育委員会が謝罪。 いじめ犯人である加害者の名前が特定され写真が拡散する事態になっ...
原田龍二の美人妻・鎌江愛【一周回って知らない話】遠藤憲一/尾木ママは結婚してる?
6月14日の「一周回って知らない話」で「あの人は結婚してるの?してないの?」が話題となりました。 芸能界は今、結婚ラッシュ!若者が知ら...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加