リンゴ スターカット 輪切り(世界一受けたい授業)リンゴの横切りスライス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


7月8日の世界一受けたい授業で、リンゴのスターカットの方法が紹介。
スターカットとう切り方は初めて聞いたのですが、これは、
今話題の書籍「その調理、9割の栄養捨ててます!」の著者が、
提唱するリンゴの切り方なんだそう。

そもそも、スターカットとはどのような切り方なのでしょうか?
このスターカットという切り方をすることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

1.リンゴの皮の栄養

リンゴのスターカットが紹介された理由は、
その切り方が「リンゴの栄養をムダにしない切り方」であるから。

りんごのスターカットのやり方について調べる前に、
リンゴの栄養やリンゴの皮は剥いてはいけない理由について調べて見ました。

「リンゴが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるように、
リンゴの栄養価が高い事は、日本人なら全員知っていると言っても、
過言ではないですよね^^;

リンゴの主な栄養素は、ビタミンやミネラル。
これらがバランスよく含まれていて、抗酸化作用が高く、
中性脂肪を減らす効果がリンゴにはあるそうです。

おいしくて体に良い良いことづくめのリンゴですが、
私達が忘れがちなのが、その栄養のほとんどが皮に含まれている事。

特に抗酸化作用の強いポリフェノールは、ほぼ皮に含まれているようで、
普通に皮を向いて食べてしまうと、こんなに良い効果の恩恵を、
全く受ける事ができないという結果になりますよね・・・。

今でこそ「食べ物の栄養が皮に多く含まれている」という事は有名ですが、
昔はリンゴといえば絶対に皮を剥いて食べていましたよね。

世の中には「リンゴの皮むき大会」なるものもあり、
豊橋市の富士見小学校では開校より30年以上この皮むき大会が開催され、
リンゴ1個で10メートルの長さに皮を剥く小学生もいるのだとか。

・・・とにかく、リンゴの皮は剥きたくなっても、我慢したほうが良さそうです。

↑ここまでして皮を排除する方もいるかもしれませんが、
これからは是非、切ったほうの皮も食べたい所ですね。

2.リンゴのスターカット

では、リンゴのスターカットとは、どんな切り方なのでしょうか?

これは、リンゴを1cm程度のスライス(輪切り)にすることです。

スターカットという呼び方から、星のように切ったり、
何か特別な形のカット方法かと想像したのですが、違いました。

リンゴのスターカットとは、お好みの幅で、
ふつうに包丁でリンゴを横切り(輪切り)すること
のようです。


出典:ムカイ産業

このように切る事で、皮が気にならなくなるのだとか。
たしかに、このようなスライスを食べる時は、
口の中に皮がたくさん入る事がないし、
皮をかみ切る必要もあまりないので、皮の存在感が少なそうですね。

ちなみに、何故スライスするだけの事をスターカットと呼ぶのかというと・・
輪切りにした時にリンゴの中心が星の形に見えることから、
そう呼ぶのだそうです。

3.栄養の9割を捨てない方法

世界一受けたい授業では「栄養をムダにしない食材の扱い方」
をテーマに、このような野菜や果物の切り方や調理方法がいろいろ紹介されます。

毎日、食事をしているのに、調子が良くない時には、
もしかしたら栄養ロス調理のせいかもしれないそうで・・・

食材の効果的な調理法や保存ほうほうで、同じ食材を食べていても、
体に届ける栄養素を増やすことができるコツがあるのだそう。

  • 納豆は熱いご飯で食べると栄養価が減少!
  • しょうがは加熱すると栄養素が30杯に!
  • ピーマンの栄養を引き出す切り方
  • ミニトマトは栄養価が高い?

などが紹介されます。

4.リンゴのスターカット 世界一受けたい授業

世界一受けたい授業で紹介されるリンゴのスターカットは、
とっても薄いスライスでした。

これくらい薄いと、食べる時に皮が口に残らず、
とても食べやすいそうです。

ちなみに、世界一受けたい授業では、種は食べないように!
とのことでした。理由は、りんごの種は免疫力を下げるから。
このりんごのスターカットだと、種も残しやすくて、
ムダが無くてとても食べやすい食べ方ですね!

スターカット以外にも、
このようなカット方法でも皮ごと食べれるので、
栄養素を効果的に摂取することができます。

シナモン豆乳の作り方【ジョブチューン/つま先立ち運動 やり方】
6月3日のジョブチューンで「シナモン豆乳の作り方&つま先立ち運動」が紹介! シミシワの予防改善に役立つ食材として「シナモン」が紹介され...
【世界一受けたい授業】食中毒対策/食中毒になる人とならない人の違いは?
世界一受けたい授業で「食中毒対策」が紹介されました。 食中毒研究の第一人者島本整先生が食中毒予防法などを紹介。目次...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加