【茨城日立母子6人火災死亡事件】 小松容疑者の人間性 何故幼い子供まで・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
茨城日立母子6人火災死亡事件、犯人の父親の犯行動機は離婚?浮気やDVなど家庭環境が怖すぎる

今回は、2017年10月6日 茨城県日立市で起こった母子6人殺害事件について調べてみました。

住宅火災で母子6人の遺体が見つかったのですが、実は火事で亡くなったのではなく、父親が6人を殺害したことがわかっています。

なぜ、父親は家族全員を殺してしまったのか?

家庭環境はどうだったのか?

詳しく見て行きたいと思います。

【事件の概要】

2017年10月6日午前5時ころ、茨城県日立市田尻町2丁目の県営上田沢アパート(3階建て)の1階一部屋で火災あり

焼け跡から大人の女性1人と5人の子供の遺体が発見された。

現場となったアパートは、JR常磐線小木津駅の南西約1.5キロメートル

地元消防によると消防車などが約10台出動して、午前5時50分ころまで燃え続けたということです。

そして、日立署に父親の小松博文(ひろぶみ)容疑者が「自宅に火をつけた」と出頭してきて、逮捕されました。

報道によると、死亡したのは妻の小松恵(こまつめぐみ)さん(33)、長女・夢妃(むうあ)さん(11)、長男(6)、次男(4)、双子の三男と四男(3)の6人です。

【遺体には刺し傷、切り傷が】

当初、火災でなくなったと思われていた母子6人は、父親の小松博文容疑者の手で殺されていたようです。

報道によると、妻と長女の遺体には、複数回刺したり切ったりした跡があったということです。

どういう心理で幼い子供を含めて6人もの家族を手にかけるのでしょうか?

100歩譲って、夫婦喧嘩でカッとなり妻を殺してしまったのなら、時々ある事件ですが、

許せないのは一緒ですが、大人同士の関係であればまだしも、小さい子供には何の罪もありません。

本当に許せないし、なぜそんなことになってしまったのでしょうか?

【約7年前に家族で引越し】

近所の人たちによると、小松博文容疑者一家は、約7年前にこの県営アパートに引っ越してきたそうです。

県営住宅なので、家賃は収入により変わるとのことです。だいたい、2万円弱から3万5千円くらいになります。

最初のころは、近所ともお付き合いがあったようですが、だんだんと疎遠になり、最近はまったくお付き合いがなくなっていました。

引っ越してきたときには、夫婦と子供2人の4人家族だったのが、子供が増えて現在は7人で一緒に生活していました。

家族で車で出かけたり、近所の公園などで仲良く遊んでいる姿を見た人もいるそうです。

小松容疑者は現在働いている自動車関連の会社に、6月ころ入社しましたが、それまでいろいろな仕事を転々と移り歩いていたということです。

【小松容疑者と小松一家について】

6人は全員刃物による切り傷や刺し傷が複数あるそうです。

血まみれの状態で火災現場から発見されています。小松博文容疑者は3ヶ月前から今の会社で働いていてまだ、見習い中のみでした。

しかし、9月下旬から会社には来なくなっていたといいます。

また、なくなった長女は妻の連れ子で、小松容疑者の実の娘ではありません。

しかし、近所の人たちによると、長女とも仲良くやっていたそうです。それなら、なんでこんなことにならなければならなかったのでしょうか?

最近の小松容疑者と家族】

小松容疑者は、自首のために警察署を訪れたときには、声は震えていて、大変動揺していたようです。

車は警察署の前にエンジンをかけたままの状態で放置されていたといいます

かなり動揺している状態だと思います。

小松容疑者の犯行の動機は詳しくはまだ分かっていません。

しかし、最近は夫婦喧嘩が絶えず、怒鳴り声などが聞こえてくることがあったといいます。

小松容疑者はパチンコと車が大好きで、毎年のように車は買い替えていたといいます。車は改造なども行っていて結構な騒音だったといいます。

また、小松容疑者はからだの一部に刺青をしています。

亡くなった妻の恵さんは、生活費が大変だということを知人に漏らしていたようです。

また、子供たちのおもちゃやゲームを小松容疑者が勝手に売って自分のお金にしているということも周りの人に言っていたようです。

最近の夫婦の仲は非常に悪く、ずっとお金のことでもめていて、さらに小松容疑者の浮気が原因で離婚の話をしていたということです。

【小松容疑者の犯行について】

6人の長女だけは自宅から病院に搬送されましたが、その後死亡しています。他の5人はアパートですでに死んでいたといいます。

そして、6人とも刃物による刺し傷がありました。そのうち、妻の恵さんの腕には抵抗してできたと思われる防御創がありました。

また、恵さんの傷だけが非常に多く、深いものだったといいます。

子供たちには防御創がなかったため、寝ている間に殺されたと思われます。

怖い思いをしないで死んでいったのがせめてもの救いかもしれません・・・・

凶器はまだ見つかっておらず、警察は凶器の特定を進めると見られます。

【犯行の動機は?】

小松容疑者は警察の取り調べに、「妻から離婚の話をされていた」と供述しています。

小松夫妻の知人も妻の恵さんが別れたがっているのを知っていました。

小松容疑者の浮気をめぐって、浮気相手と夫婦で話し合いをしていたといいますが、最近離婚することが決まっていたそうです。

離婚が決まっていたのなら、何も殺さなくても良かったのではないかと思われるのですが、何か理由やきっかけがあったのでしょうか。

小松容疑者は離婚をしぶしぶ認めたが、子供と車を恵さんに取られることに不満だったということも分かっています。

【亡くなった子供たちはどんな子だったのか?】

長女の夢妃さん(11)と長男の幸虎君が通っていた小学校の校長先生は「夢妃ちゃんは、家庭では母親の手伝いをよくするやさしい児童だった。幸虎君は友達がたくさんいて、昼休みには校庭でクラスメイトと仲良く鬼ごっこなどをして遊んでいた」と話しています。

小松容疑者は家族と一緒に、妻の恵さんの実家にも良く行っていたそうです。

そこでは、子供と小松容疑者がキャッチボールをしたり、サッカーをしたりして遊んでいました。

実家の近くの人によると「普通の父親だと思っていたのでびっくりした」と驚いています。

【学校の措置?】

二人の子供が通っていた小学校では、全校集会や保護者会を開き、子供のケアに当たるとともに、

集団下校を行い、登校時には通学路に職員を配置するなどして、子供たちの見守りを強化しているといいます。

さらに、亡くなった二人の学年の生徒には、1人1人先生が面談を行っていくことも決まっています。市の教育委員会は、スクールカウンセラーや教育相談員を派遣するそうです。

やはり、何の罪もない子供たちに手をかけたことは、まったく露ほども理解できないですし、本当に憤りを感じます。

離婚がいやだからというのは、何の理由にもならないですし、離婚がいやな理由の一つに子供がかわいそうだからという話を聞いた知人もいるそうです。

何事も冷静に判断できるように日頃から気を付けなければいけません。

【小松容疑者と近所のトラブル】

小松容疑者は駐車マナーをめぐって、近所とトラブルになったことがあったそうです。

勝手に契約もしていない駐車場に駐車をして、駐車禁止のステッカーが貼られた小松容疑者の車も目撃されています。

また、数千円の駐車料金を滞納していた時期もあったといいます。パチンコと車が好きで車を毎年買い替えていたようです。

さらに、仕事も長続きせずに、転々としていて、子沢山ですから、だいぶ金銭的には困っていた可能性もあります。

妻の恵さんは、事件の数日前に知人に「離婚が決まって、やっと幸せになれる」と話していたといいます。小松容疑者の自分勝手で短絡的な犯行により、幼い命が失われたことは本当に残念でなりません。

愛する人たちが、いつも輝いてくれたらいい。 お客さま、スタッフ、家族。大切な人たちにありがとうといいたくて。

価格:1,944円
(2017/10/19 09:47時点)
感想(0件)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加