【世界一受けたい授業】食中毒対策/食中毒になる人とならない人の違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


世界一受けたい授業で「食中毒対策」が紹介されました。
食中毒研究の第一人者島本整先生が食中毒予防法などを紹介。

目次

  1. 渋柿のタンニンがノロウィルスを99%撃退する
  2. ノロウィルスは夏も危険!
  3. 口をつけたペットボトルの細菌の数は・・
  4. 麦茶の細菌増殖がダントツで多い!
  5. 無糖コーヒーのポリフェノール効果
  6. 食中毒になる人とならない人の違いは?

1.渋柿のタンニンがノロウィルスを99%撃退!

渋柿に含まれるタンニンという成分がノロウィルスを撃退してくれるそうです。
そのため、安心安全なノロウィルス撃退法として、手作り柿渋液消毒液をつくることも可能。
熟していない柿の果実を圧搾し抽出したタンニンと消毒用アルコールを混ぜると、
ノロウィルスを99.9%消滅させる消毒スプレーになるのだとか。

2.ノロウィルスは夏も危険!

ノロウィルスというと冬のイメージがありますが、
実は夏にも注意が必要。
と、広島大学大学院島本整先生は言います。

そのため、トイレに行ったら必ず手を洗うようにして欲しいとのこと。

3.口を付けたペットボトルの細菌の数

世界一受けたい授業では、
滝沢秀明さんがゲストとして実験に協力。
滝沢さんが4種類のペットボトルを飲み・・・

  • 麦茶
  • 果汁100%オレンジジュース
  • 無糖ブラックコーヒー

一番細菌が増えずに長持ちする飲み物はどれ?という問題が出題。

なんとなく、甘いジュースが細菌が増えそうな感じ・・
と個人的には思い、無糖コーヒーはあまり増えないのでは?
と思いました。

4つのペットボトルを24時間放置した結果・・・
正解は、一番長持ちするのが、無糖コーヒー。
そして、意外と細菌が増えてしまうのが麦茶でした。

4.麦茶の細菌増殖がダントツで多い!

世界一受けたい授業での実験では、4種類の飲み物の中で、
意外にも麦茶が一番細菌を増やしてしまう結果に。

島本整先生の話では、麦茶の細菌の増殖の理由は、
麦茶は緑茶と違ってポリフェノールがほとんど含まれてなく、
抗菌作用が弱いこと。

そして、麦は穀物で炭水化物。
炭水化物は細菌の格好のエサになるそう。

5.無糖ブラックコーヒーのポリフェノール効果

口を付けたペットボトルで24時間後に一番細菌が増えなかったのは、
無糖のブラックコーヒー。
その理由は島本先生によると、ポリフェノールがたくさん含まれているから。

結局、ペットボトルは、夏場は5~6時間以内に飲みきること。
なるべくコップに移したりして口をつけずに飲むのがオススメ

6.食中毒になるかどうかは、腸管の免疫力の差!

同じ食べ物を食べて同じ菌が体の中にはいっても、
食中毒になる人とならない人がいますよね。
これって何故なのでしょうか?

島本先生によると、食中毒になる人とならない人の差は、
腸管の免疫力の差だと言います。

そして、わかりやすい指標が「便秘かどうか」なのだそう。

7.便秘の人は食中毒になりやすい!

便秘の人は食中毒になりやすいそうです。
理由は、便秘の人は腸内環境が悪いから。

この腸内環境を良くする最新の治療法が、
糞便移植というもの。

これは健康な人の糞便を、腸内環境が良くない人の大腸に入れること。
そうすると、腸内環境が改善するそう。
ちなみに、糞便移植に使えるのは今のところ、
親族の糞便のみとなっているそうです。

食中毒の怖い体験談はこちら☆

【世界仰天ニュース】 渡辺直美 アニサキスで激痛!品川庄司/チュートリアル福田
6月12日の「世界仰天ニュース」で渡辺直美の「アニサキスの激痛」を告白。 同じくアニキサスにかかった庄司智春もアニキサスの痛みを語る。...

同日紹介のレシピはこちら☆

花ズッキーニと豚肉のレシピ【世界一受けたい授業】タイムを使ったスープ!
6月17日の世界一受けたい授業では、花ズッキーニと豚肉、 さらにタイムで香りを出した絶品スープのレシピが紹介されました。 教えてくれ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加