福岡県2017年6月6日 警察官(中田充容疑者)の夫が妻子を殺害!!がひどすぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年6月6日、福岡県小郡市の住宅で中田由紀子さん(享年38)と9才の長男、6才の長女の3人の遺体が発見されました。

この事件は、警察官である夫が妻子を殺害するといったとても痛ましい事件でした。

この事件の概要を聞き、とても悲しく思うと同時になぜこのような事件が起きたのか気になったので調べてみました。

○事件の概要

  1. 部屋には練炭があり、煙が充満。
  2. 初めは無理心中だと思われていた。
  3. 検死の結果、他殺と推測。
  4. 警察官の夫が逮捕される事件となった。

事件当日の朝、子供たちが通う小学校から「子供が登校してこない」との連絡が由紀子さんの夫、充容疑者の電話にありました。

それを受けて夫の充容疑者が由紀子さんの姉に連絡、

姉が確認したところ3人が部屋で亡くなっているところを発見されました。

部屋には木炭の煙が充満しており、当初は由紀子さんの姉が

「妹は無理心中をはかったようだ」と充容疑者に伝え、

充容疑者が警察にその旨を話したことから無理心中ではないかと考えられました。

しかし、司法解剖の結果と夫の充容疑者との供述にいくつかの矛盾が発生。

一見、由紀子さんの首に絞められたような跡はなかったのですが、

司法解剖の結果、首の筋肉に複数の皮下出血が認められました。

さらに首の骨にはヒビも見つかっており、相当な力で圧迫されたと推測されました。

このことをうけ、警察は急遽無理心中から殺人へと方向転換することになりました。

事件発覚後、玄関ドアに鍵はかかっていませんでした。

また、由紀子さんの死亡推定時刻は0時〜6時、子供達の死亡推定時刻は0時〜5時であり、

6時45分に家を出た際には家族は寝ていたという充容疑者の証言との矛盾、

由紀子さんの爪から充容疑者のDNAが検出されたことなどもあり、充容疑者逮捕につながったのです。

○ずさんな偽装工作

・見えすいた嘘の供述

・練炭自殺にみせかけるために練炭を置いただけ

・検死すれば簡単にわかる死因と偽装自殺方法の矛盾

警察官であればどのような捜査をして、どのようなことが分かるのかということは知っていそうなのですが、

充容疑者の行なった偽装工作はあまりにずさんです。実際に、

その矛盾点があだとなり今回の逮捕へと繋がっています。

死亡時刻と供述の矛盾は先ほども述べたように、

検死をすれば推定死亡時刻が分かることは警察官でなくても知っていることなのではないでしょうか。

それにもかかわらず、充容疑者はすぐにバレてしまう嘘をついています。

また、3人の死因は絞殺による窒息死なのですが、偽装工作として使用されているものは練炭であり、

絞殺と一酸化炭素中毒との死亡状況が一致しないことは誰でも分かるはずです。

もし私が犯人ならば、せめて首吊りなどとして首が絞まった結果死んでしまった、ぐらいの偽装工作にするでしょう。

更に、この3人が遺体となって発見された部屋には目張りはされておらず、

このままここで3人が一酸化炭素中毒になって死ぬことは、まずありえないという状況であったそうです。

このように、いくら突発的犯行だったとして、急遽偽装したとしてもあまりにずさんすぎる偽装工作でしょう。

○なぜ充容疑者は妻子を殺したのか

  • 一見、理想の夫婦であった
  • 寡黙で躾は厳しいけれど子煩悩
  • 「子供が成人したら離婚する」などという不仲な一面も
  • 10年間で5回の転勤
  • 腰を落ち着けたい由紀子さんの希望で自宅を購入
  • 由紀子さんに母親との同居を求められる
  • 事件前日、昇任試験に不合格

充容疑者は福岡県警の巡査部長を務めていました。

勤務態度はいたって普通。

地域の子ども会やお祭りには家族で参加するなど、家族仲は良いように見えました。

このような事件が起きる数日前には長女が父親と仲良く歩く姿も近所の人に目撃されています。

躾は厳しいけれど優しい父親のようであったという充容疑者。

平均的な一軒家を購入したばかりでまさに理想的な家族。なぜそのような理想的な家族は壊れてしまったのでしょうか。

勤務態度も真面目でしっかりと働いていた充容疑者でしたが、

充容疑者は仕事が合わないとすぐに転属願いを出してしまうところがありました。

人間関係が上手くいかなくなっては転属願いを出し、転勤するので、

10年間で実に5回も転勤していました。

それに対して由紀子さんは夫の充容疑者を単身赴任にすることなく、ついていっていました。

しかしさすがに腰を落ち着けたくなり、由紀子さんの希望で現在の家を購入することになりました。

しかし、充容疑者としては購入した家は勤務に1時間かかるということについて周囲に不満を漏らしていたそうです。

また、由紀子さんの母親との同居も求められていて強い家庭のストレスがあったと考えられます。

更に、事件前日には警部補昇任の二次試験に落ちていました。

仕事上の強いストレスや今後への不安や不満が多くあったが故にこのような悲しい事件が起きてしまったのではないでしょうか。

○まとめ
この事件はとても残酷で悲しい事件だと感じました。
そもそも、人を殺すということ自体が大きな罪ですが、中でも警察官という殺人などの犯罪を取り締まり、
市民の安全を守るべき立場の人が妻や子どもを殺すなどあってはならないことでしょう。

警察官でなかったとしても、一度は本気で愛したはずの妻や、
自分の血を分けた子どもを殺すということがあっていいはずがありません。

特に子どもたちにはまだまだたくさんの希望や夢があったはずです。
この元警察官が起こした殺人事件は私たちを不安や恐怖に陥れるのには十分すぎる事件だと思います。

なぜ、そのような重い罪を犯してまでも充容疑者は妻子を殺したのでしょうか。
子煩悩なように見えた充容疑者はなぜ子どもまで殺害したのか。

そして、なぜ殺した後にあまりにもずさんすぎる偽装工作を行なったのでしょうか。

この事件には謎も多く存在します。特に動機に関しては決定的なものはあまりありません。

警察が身内だとしても、その謎を全て解決して白日のもとに晒してくれることを祈っています。

そして、2度とこのような悲しい事件の起こることのないよう、動機なども含めて公表して欲しいです。

短い人生を終えることになってしまった3人のご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加