天たつ 粉雲丹ふりかけ ウニ 【たけしのニッポンのミカタ】口どけ ご飯のお供 あみやき弁当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

高級ふりかけ「天たつ・汐ウニふりかけ」が「たけしのニッポンのミカタ」で紹介!
「粉雲丹(こなうに)ふりかけ」で有名な天たつさんの、
高級ウニふりかけが「たけしのニッポンのミカタ」で紹介されました。

1缶ン万円の高級ふりかけとして紹介されたのは、
越前仕立て汐雲丹桐箱入(68g)
価格はなんと、10,800円!


出典:tentatu.com

高級ふりかけ「汐ウニふりかけ」が「たけしのニッポンのミカタ」で紹介!
たけしの「ニッポンの食文化・コメなしでは生きられない」の第2弾である、
2017年5月12日の放送のテーマは「ごはんのお供・ふりかけ」です。

ビートたけしさん・北斗晶さんが登場し、
1缶ン万円もする高級ふりかけが紹介されます☆

「高級ふりかけ」といえば、
小林食品の「口どけ」が有名なので、
1缶5000円のふりかけ「口どけ」について調べて見ます☆

ちなみに、たけしのニッポンのミカタでは、
静岡県のあみやき弁当も紹介されました。

高級ふりかけ 口どけ

たけしのニッポンのミカタのテーマは「ごはんのお供」!
ふりかけやご飯のお供になる様々な商品が紹介されます。

高級ふりかけといえば「口どけ」がクチコミでも有名!
幻のふりかけとも言われる「口どけ」についてまとめてみます。

「口どけ」とは、小林食品が製造する鰹節のふりかけ。
「思わず舌鼓」という店舗さんが販売するふりかけで、
2缶10000円という値段で「高級ふりかけ」とされています。

(口どけは最安値でも高額でそれほど安くは買えないようです)

でも、そんな高額でも販売からたった数ヶ月で、
8000缶も売れている人気商品!

「メレンゲの気持ち」「知っとこ」「とびっきり!」などなど、
数々のテレビ番組でも紹介され、話題にもなっています。
そんな「口どけ」とは、どんな味がするのでしょうか?

名前の通りふわっとした「口どけ」が特徴のこのふりかけ。
素材にこだわっておりカツオ本来の味がしっかり味わえ、
カツオの旨みとオリジナルの甘辛い味付けが口の中に広がります。

限定生産で1日に10セットしか作れないことから、
「幻の口どけふりかけ」とも呼ばれているそう。

旨みたっぷりの味で、食感はふわっ!とするようですが、
その食感の秘密は、ふりかけの厚さが0.01mなこと。

極上の鰹節を、オリジナル製法により極薄とし、
とろけるふりかけの味を実現しているようです。

口どけ 鰹節のふりかけ

そんな高級ふりかけ「口どけ」はクチコミでも人気。
クチコミでは「鰹節の旨みが感じられる!」という声が多いようです。

1万円や5000円のふりかけって高すぎでは?と思い、
こんな高額で販売されるふりかけの原材料が気になり、
ちょっと調べて見た所・・・
「口どけ」は、使う鰹節がかなり厳選されているようでした。

口どけに使う鰹節は、
全体の1%しかない日本近海の鰹から取っているそうです。

私は知らなかったのですが、
通常で売られている鰹節は冷凍の鰹から作られるそう。
でも「口どけ」に使う鰹は近海で捕れた新鮮なカツオ。

また、その鰹を鰹節の状態にする製法にもこだわり、
一般の荒節との言われる鰹節ではなく、
丁寧な下処理でじっくり寝かせた「本枯節」を使っているそう。

そんな素材と製造方法の差が、
高級ふりかけとしての値段につながっているんですね。

そんな高級ふりかけ「口どけ」は、
アマゾンなどの通販でも購入する事ができます。
ちょっとお高いですが、レビューで1000円割引にもなる時があるよう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加