遅発性溺水 10ccで溺死【世界の何だコレ?ミステリー 5月24日】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


「遅発性溺水・たった10ccで溺れて死亡」が、
5月24日の世界の何だコレミステリーで紹介!

2008年に10歳の少年がプールで遊んだ後に亡くなってしまうという、
痛ましい事件が「世界の何だコレ!?ミステリー」で紹介。

たった少量の水が肺に入り込んで起こる、
「遅発性溺死」が取り上げられました。

プールで溺れたわけではない、10歳の少年。
自宅に帰ってきて「眠いから寝る」とベットへ直行。
たった20分で亡くなってしまう・・という悲しい事件。

遅発性溺死とは?

プールや海で溺れて水が入り込む事で亡くなる溺死と違い、
水中から上がり、しばらく経っておきる溺死症状のことで・・・

水などが予期せぬタイミングで口の中に入り込んでくると、
喉の奥にあるフタが閉じるのが間に合わなくなり、
肺の中に水が入ってしまうという、体のメカニズム。

これが起きると、体内で異常反応が発生。
血液中の水分が肺の中にしみ出てきてしまうそう。

そして肺が水分でいっぱいになり呼吸困難を起こし、
急性呼吸窮迫症候群になる場合があるそうです。

遅発性溺死 事件の経緯

世界の何だコレミステリーで紹介された事件は、
2008年に10歳の少年が死亡した事件。

母のカサンドラさんが、インタビューに答えます。

10歳の息子・ジョニーがプールから帰ってきた後、
「眠い」と訴えたので「寝て疲れを取りなさい」とベットで寝かします。
しかし、少し経って、

母のカサンドラさんが息子ジョニーの寝室に入ると、
顔が泡だらけになっていたそう。

急いで病院に行ったものの、亡くなってしまったのですが、
20分後に亡くなってしまったそう。

病院に連れて行って判明した死因は「溺死」!

家のベッドで寝ていただけなのに、どうして溺れてしまうのか?
誰もが不思議に思いましたが、「遅発性溺水」が原因でした。

家族も誰も気づかなかったのですが、
少年はプールで水を吸い込んでしまっていたと考えられます。

そして上記のメカニズムにより、
遅発性溺水を発症したのだとされています。

遅発性溺水の症状

遅発性溺水の症状は、咳と疲労感。
溺れた後にこれらの症状が見られたら、
遅発性溺水を発症しているのかもしれません。

生死を分けるポイントは、溺れた後に、
息苦しさや疲労を感じたらすぐに病院で診察を受けること。

診察をする医師に「水を吸い込んでしまった」事を伝え、
聴診やレントゲン検査などを受ける事で発見することができます。

遅発性溺水は24時間は注意が必要で・・・

  • 咳をしてないか?
  • 呼吸が速くなっていないか?
  • 疲労感を感じていないか?

の3点を注意して観察するのが大切といいます。

世界の何だコレミステリーで取り上げられたジョニー君は、
「眠い」と訴えた時に既に疲労感を感じていたと思われます。

プールから帰ってきた後は、子供をよく観察し、
注意してそばで観察する事が必要かもしれません。

トウモロコシ 殺人猛毒カビ【世界の何だコレミステリー 5/24】キスで死ぬ!ベッドで溺死!
「世界の何だコレ?ミステリー」5月24日は、 「まさかこれで人が死ぬのか?」という死因スペシャル! トウモロコシのカビで死ぬ(アフラ...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加