迷惑メールを開いてみた!返信した実験の結果は?ライン乗っ取りも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


7月19日の「世界の何だコレミステリー」でサイバー犯罪が取り上げられました。
アプリだけで、携帯のカメラから私生活をのぞき見されたり、
SNSから個人情報が特定される件について紹介されます。

1.世界の何だコレミステリー 7月19日

毎週様々な変わったテーマについて紹介してくれる番組、
「世界の何だコレミステリー」

名前の通り「え?何それ?」と思わず驚いてしまうような、
「こんな事ってあるの?」という内容がハラハラドキドキしますね。

そんな世界の何だコレミステリーの7月19日の放送内容は、
サイバー犯罪。SNSから個人情報が特定されたり、
何気なくインストールしたアプリで私生活が丸見えになってしまったり、
知らず知らずのうちに被害者になっている事があるようです。

サイバー犯罪は普通の犯罪(窃盗・殺人・暴行)と違い、
自分が被害者だと気づかない事が多いのがコワイですよね。

ケータイのカメラから盗撮なんてされようものなら、
傷つかない人は誰もいませんよね。

「世界の何だコレミステリ-」では、専門家の調査で判明した、
サイバー犯罪から身を守る方法や、SNSとの上手な付き合い方
が、紹介されます。

私はあまりスマホは使わないので、
アプリをインストールする機会は少ないのですが、
今こうして書いているブログだってネットなので、

サイバー犯罪に注意が必要ですね。

本日の放送では、上記のほか・・

・迷惑メールを開いてみる
・ネット上のなりすまし(もう一人の自分)

の犯罪実例が紹介される予定なのですが、
迷惑メールと戦った記録を読んで、とても面白いと感じたので、
その戦いについて記事にします。

2.迷惑メール 開いてみた!返信した結果は?

番組テーマが「迷惑メールと開くとどうなるのか?」ということで、

最近読んだ・・・・・
絶対に返してはいけない 迷惑メール、LINE乗っ取りにマジレスしてみた。
を思い出していました。

これは、自分に届いた迷惑メールをクリック!
かつ。返信してみるという興味深い実験。

10000万円差し上げます」の迷惑メールに、
返信したら一体どうなるのか?

結果が出るまで戦い続けるという実験です。

私が読んで、とても面白い実験だったので、
少し記事にします。

この実験では、よくある、
お金をもらって下さいませんか?
という迷惑メールに返信をしています。

普通の人なら「お金もらってくれなんて絶対嘘」
としか思えないのだけど、かなりポピュラーな文面なので、
ダマされる人がいるのかもしれないですよね。

そんな迷惑メールに返信したらどうなるのでしょうか?

3.迷惑メールに返信するとどうなる?

『お金当選現金1000万円振り込みます。
自宅への送付と銀行振り込みとどちらがよろしいでしょうか?』

↑この迷惑メールに、返信をします。
返信した文章は「銀行振り込みでお願いします!」という、
とっても素直で乗り気な返信。

そう返信すると・・・迷惑メール業者からは、
予想外の返事が返ってきます。

「返事ありがとうございます。
実は、この当選金のメールは私に届いた物を、
間違ってあなたに送ってしまったんです」

↑この返信もびっくりなのですが、
そのメールには続けて・・・

でもそのお金を辞退するつもりなんです。
今は「お金が欲しいというより処分したい状況」で・・

800万円の処分方法に困っているところなので、
よければ800万円受け取ってもらえませんか?

と、このような内容が来るそうです。
この時点で笑っちゃうのが・・・

お金が欲しいというより処分したい状況』というありえない設定。

↑お金を処分したい人なんて絶対に存在しないと思うのですが、
迷惑メールにダマされる人は本気で信じるのでしょうか・・?

ちなみに・・・
その「お金を処分したい理由」も長文で届くのですが、
それは「アンティークショップを家族経営していて、
先日倉庫から800万円相当のバイオリンを発見した。
それが金遣いの荒い叔父に見つかったら大変だから、
至急この800万円を処分したい」というような内容。

そんなの、バイオリンを投げ捨てれば済む話ですが、
この実験では、このような返信しています↓
「よくわからないけど、お金を受け取ります」

こうしてやり取りを続けていると・・・
結局最後には、どうなるか・・?

最後には、出会い系サイトのURLまで誘導されて実験は終了

この途中のやりとりもとても笑ってしまうような内容でした^^:

3.ライン乗っ取りに返信するとどうなる?

上記の実験と一緒に、「ラインを乗っ取った相手に返信する」
という実験も行われています。
その時は、乗っ取られたのは知り合いで、
その乗っ取られたラインから怪しい文面が届いた事がキッカケ。

「ituneポイントカードを3万円分買ってくれ。」

と言われ、『さっそく買ってきましたよ!』と乗っかってみたそう。
すると「番号が見えるように画像に撮って送ってくれ」と、
その相手は必死になって食いついてきます。

この実験した人は、実際に持っていたカードを、
自分の顔とともに写真に取って相手に送付するのですが、
微妙に「番号が映らないようなアングルで撮影」し続けて、
詐欺の相手をイライラさせます。

しまいには、相手は「怒りのクマちゃんマーク」(下の画像のような)
まで送ってくるほどイライラしだします。

結局、74分間ラインで画像のやり取りをした結果、
乗っ取り相手は諦めるのですが、
途中に送ってきた変な日本語などが可笑しくて、
笑ってしまいました。

とても面白い実験なので、オススメです☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加