病気のなりにくさ 男女差【林修の今でしょ!講座 5/23】病気ランキング(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


病気のかかりにくさには男女差がある!「林修の今でしょ講座5/23」では、
「名医が選んだ!知っておきたい男女差のある病気ランキング」として・・

片頭痛・認知症・がん・脳卒中・二日酔い・脂肪肝などの病気や不調について、
男性VS女性!どちらの性別がかかりにくいかを説明!

理想の排便スタイルは「ロダンの考える人」など、
前かがみ排便スタイル便秘解消法も紹介されました。

男女差 病気ランキング!

林修の今でしょ!講座によると、男女の性別の違いで、
「特定の病気のなりにくさ」も違ってくるそう。
性別による違いを知って、病気の予防法や症状について学びたいですね。

病気のなりにくさに男女差がある病気ランキングは・・・

  1. 大腸癌になりにくいのは女性!
  2. 認知症になりにくいのは女性!
  3. 脳卒中になりにくいのは男性!
  4. 胃もたれになりにくいのは男性!
  5. 肺炎になりにくいのは女性!
  6. 片頭痛になりにくいのは男性!
  7. 脂肪肝になりにくいのは女性!
  8. 二日酔いになりにくいのは男性!
  9. 睡眠時無呼吸症候群になりにくいのは女性!
  10. 便秘になりにくいのは男性!

この記事では、6位~10位までをまとめます。

10.便秘になりにくいのは男性!

便秘に悩む人は男性の20.4%に対し女性は38.8%。
街の声でも「女性のほうが便秘になりやすい」という、
答えが多かったようですが・・

「便秘の女性は便が腸に110時間もとどまっているそう。」

男性よりも女性が便秘になりやすい理由は、以下の2つ。

  1. 女性が男性に比べて腸が5センチ長い
  2. 女性が男性に比べて筋力が少ない

何故、腸が長いと便秘になるのかというと・・
「便は腸の中で水分を吸収して硬くなる」性質のため。

「腸が長いということは、食べ物の通過時間が長い」という事なので、
その長い時間の間に、どんどん便は硬くなり「便秘」の状態となるそう。

また、筋力が少ない事が便秘につながる理由は、
腸は筋肉を使って体が温まることで活発に動くため。
筋力が少ない女性は、腸が温まりにくく、活動も滞りがち。

名医がすすめる便秘解消法

そんな便秘を解消する「便秘解消法」を名医が教えてくれました。
野菜の多い食事・適度な運動に加え・・・

「排便スタイル」を「ロダンの考える人」にすると良いそう。

人の直腸は曲がっているので、便座に腰掛け前かがみになると、
直腸がまっすぐになり排便しやすくなるそうです。

9 睡眠時無呼吸症候群になりにくいには女性!

睡眠中に呼吸が止まってしまうのは、
太めの男性がよく悩まされる症状に思えますが・・・

やはり「睡眠時無呼吸症候群になりにくいのは女性」でした。

その理由は、女性ホルモンの「プロゲステロン」。
呼吸中枢を刺激し、気道を開くという性質があるため、
そのため女性は、のどが狭くなりづらいそう。

睡眠時無呼吸症候群の対策法

そんな睡眠時無呼吸症候群にならないためには、
まずダイエットして体重を減らすこと。

次に、寝る姿勢を横にし、横向きで寝ること。
そうする事で、気道が詰まりにくくなるそう。

ダイエットに効果的な呼吸をしているのは男性

呼吸には2種類あり、胸式呼吸と腹式呼吸があります。

一般的に、男性は腹式呼吸が多めなのに対し、
女性は胸式呼吸が多いそう。

何故、腹式呼吸がダイエットに効果的かという理由は、
腹式呼吸は横隔膜を使い、エネルギーの消費が大きいから。

8. 二日酔いになりにくいのは、男性!

「二日酔いになりにくいのは男性!」で、
その理由は、男性のほうが肝臓が大きいから。

肝臓は体格に合わせて大きさが違う臓器で、
肝臓が大きいほど、アルコール分解処理が働くため、
男性のほうが二日酔いになりにくいそうです。

しかし、「お酒に強い体の小さい女性」や
「お酒に弱い体の大きい男性」も、もちろんいます。
それは何故なのでしょうか?

実は、アルコールを分解できるかどうかは生まれつき決まっている。
その分解の速度が遅い人の事を「お酒が弱い人」というのですが、
このアルコール分解速度は、生まれつき決まっているのだそう。

お酒に弱く顔が赤くなるのに飲み続ける人は、
「のどのがん」や「食道がん」になりやすいそうで、
飲み過ぎは注意!とのことです。

肝臓が1日で処理できる量はこれくらいだそうです。

7. 脂肪肝になりにくいのは女性!

女性が脂肪肝になりにくい理由は、
女性ホルモンが脂肪の蓄積を軽減するから。

女性ホルモンに含まれるエストロゲンが
肝臓に脂肪を溜めにくくする働きがあるのだとか。

しかし、男女問わず「急激なダイエット」や「偏食」などが、
脂肪肝につながる事があるそうで注意が必要なんだとか。
無理なダイエットが脂肪肝につながる理由は・・・

ダイエットで栄養不足となった肝臓が、
少ない栄養を肝臓にそのまま溜め込もうとするから。

ダイエットの目標は1ヶ月で体重の5%にとどめて置いたほうが良いとのこと。

6. 片頭痛になりにくいのは男性!

女性は頭痛原因物質を男性より多く持っているそうです。
この理由は、頭痛の原因になる「セロトニン」で、
この「セロトニン」が「女性ホルモン」と似ている事で、
女性に偏頭痛が起きやすいそうです。

女性ホルモンが出ている時に、
構造の似ているセロトニンが勘違いして出てしまう

という間違いが起こるそう。

片頭痛の対処法

オススメの片頭痛の対処法は「微糖の缶コーヒー」を飲む事。
コーヒーのカフェインは脳の血管を縮め偏頭痛対策に有効。

砂糖が少し含まれることで、糖分が脳の血管をより縮めてくれるので、
無糖コーヒーより微糖がいいそう。

また、強い光やニオイなどの刺激に注意!

続きの1位~5位の記事はこちら☆

きなこホットミルクの作り方【林修の今でしょ!講座】病気ランキング (2)
逆流性食道炎の予防法「きな粉ホットミルク」が、 「林修の今でしょ!講座」で紹介されました。この記事では男女差のある病気ランキン...

同日の放送内容「男性脳VS女性脳」の記事はこちら☆

林修の今でしょ講座 男性VS女性 5/23 まとめ 記憶力がいいのは女性!?
「記憶力がいいのは女性?」など男性女性スペシャル・男女の脳の違い! 「林修の今でしょ!講座」5月23日3時間スペシャルの内容のまと...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加