主治医が見つかる診療所 柔軟ストレッチのやり方【画像有】マイオカイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「主治医が見つかる診療所(5/29)」で体を柔らかくするストレッチ方法が紹介!
足ブラブラストレッチアオサギストレッチ(タオルストレッチ)壁ドンストレッチ
アンチエイジングヨガ(かわむら式ヨガ)きくち体操など・・
「主治医が見つかる診療所」のストレッチのやり方・コツを紹介します。

柔軟体操や柔軟ストレッチが血流改善、腰痛改善だけではなく、
便秘、心不全、ぜんそくが良くなる効果もあるのだとか。

動脈硬化糖尿病にもつながる体の硬さを克服する、
簡単ストレッチ法を芸能人が実践!
前屈テストで柴田理恵・矢沢心・田山涼成が効果を実感

主治医が見つかる診療所では、
憧れの「床ピタ」ができる「柔軟ストレッチスペシャル」として、
体の柔軟性を高めて腰痛やなどの不調とサヨナラできる、
様々な体操やストレッチ方法が紹介されました。

そんな主治医が見つかる診療所のストレッチを全て、
(動画はありませんが)画像付きでまとめます。

マイオカイン 体の柔軟性

体を柔らかくすることで(体の柔軟性を上げることで)、
健康効果があるだけではなく、若さにもつながることが判明。

アスリートドクターによれば、筋肉の柔軟性が上がると、
「マイオカイン」と呼ばれる物質が増える
そう。

マイオカインとは、筋肉を動かした時に筋肉から出る物質で、
糖尿病・肝臓病・骨粗鬆症を予防し、脂肪燃焼効果もあるそう。

このマイオカインは激しい運動をしなくてもOK
簡単なストレッチで増やす事ができるそう。

1. 足ブラブラストレッチ やり方

内科・リウマチ科の中山久徳医師が伝授する簡単なストレッチ方法。
「足ブラブラストレッチ」という名前の通り、
足を前後にブラブラ動かし、続いて左右にブラブラ動かすだけ。

股関節を左右にも動かす事で柔軟にします。
このストレッチは左右を1回として10回ほどやると効果があるそう。

2. きくち体操 やり方

きくち体操で体を柔軟にする方法が紹介されました。
きくち体操とは、菊池和子先生が1960年代に創設。

『動くことはなぜ心と体によいのか』という視点から、
「体のどこをどう動かすとどのように良い効果があるのか?」を、
50年以上にわたり研究して確立された「健康に良い体のうごき」からなる体操で・・・

きくち体操教室の生徒数はなんと3000人!
川崎・四谷・戸塚・二俣川・あざみ野・港南台、
自由が丘カルチャーセンターなどに教室があります。

きくち体操歴2年の31歳の方は、きくち体操の効果をこう言います
「手湿疹が凄かったのに、血流が改善されたのか治った」
また別の方は「きくち体操でぜんそくが無くなった」や
ギックリ腰が治った!」と言います。

体を柔らかくするきくち体操のやり方は・・

  1. 足首を逆の足のヒザのあたりにのせる
  2. 足の指の間に手の指を入れる(小指から入れていく)
  3. 握手するように握り足首をゆっくり回す
  4. 10回程度回したら反対方向にも回す

3. ヒザ裏伸ばし 壁ドンストレッチ やり方

腰痛を予防・改善できるアンチエイジングヨガである、
「かわむら式ヨガ」の講師が教えてくれる簡単ストレッチ。

このかわむら式ヨガは大人気ヨガ教室。体が柔らかくなるだけではなく、
体操選手のような脚前挙のポーズまで出来るようになった82歳のおばあちゃんも!

膝裏は運動不足や加齢によるどんどん硬くなり伸びなくなるそう。
膝裏を伸ばすと姿勢が良くなり腰痛解消の効果につながるとのことです。

このかわむらヨガからは、「ヒザ裏のばし1・壁ドンストレッチ」と、
「ヒザ裏のばし2・アオサギストレッチ」の2つが紹介!

壁ドンストレッチのやり方は・・・

  1. 壁に向かい足を前後に開く(かかとは床につける)
  2. 前の足を曲げて両手を壁につける
  3. ヒザ裏を伸ばしながら5回ほど壁を押す
  4. 5回押したらそのままの姿勢を5秒キープ

4. ヒザ裏のばし アオサギストレッチ やり方

こちらは、タオルを使ったストレッチ!

  1. 片足を立てる
  2. 逆の足を引き寄せる
  3. タオルを足の裏にかけて伸ばす(つま先が上になるようにカカトを突き出す)
  4. 背筋を伸ばして約5秒キープ


仕事の合間など、気づいた時に行うだけで効果があり!
これら2つの簡単ストレッチ法でヒザ裏が柔らかくなり、
腰痛が改善される
そうです。

5. 体幹ストレッチ やり方

体幹を鍛えることで姿勢改善につながるので、
見た目の若々しさにつながるそう。
そして、バランスが取りやすくなるので、
転倒防止にもなるストレッチ方法。

教えてくれるのはスポーツ科学の広瀬博士。

  1. 手のひらとヒザを床につけて肩幅に開く
  2. へそを見るように背中を丸めて伸ばす
  3. 顔を上げながらおなかを伸ばす

これで1セット。
背中の筋肉を伸ばし腹筋を縮めた状態から、逆に、
上を向きながら腹筋全体を伸ばして背筋全体を縮め・・
「縮む&伸びる」が交互になったストレッチ法。

1日5回程度でも効果があるそうです。

真向法体操

股関節のストレッチを中心にした健康体操で、
腰痛、肩こり、冷え症などを予防・改善。

真向法体操経験者の方は「血流が良くなった」と言います。
体操歴5年の72歳女性は「脊椎管狭窄症が良くなり歩けるようになった。」そう。
薬も注射もナシで真向法体操法だけで治ったのだとか。
(真向法体操のやり方などは紹介されていません)

同日紹介の「呼吸改善法のやり方・まとめ」についての記事はこちら☆

【主治医が見つかる診療所】呼吸 ストレッチ 方法【画像アリ】
主治医が見つかる診療所(5/29)で「深い呼吸・ストレッチ」が紹介! 免疫力アップ&痩せやすい体になりダイエット要らずの簡単健康法...

姿勢改善といえば、先日の世界一受けたい授業では、
簡単スクワットで姿勢改善法が紹介されました!

壁向きスクワット やり方 方法 姿勢改善 【世界一受けたい授業 5月20日】姿勢チェック法
世界一受けたい授業5月20日で「壁向きスクワット」が紹介! 姿勢チェック方法と姿勢改善効果のあるスクワットが紹介されます。 猫背...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加