【しくじり先生】仁科克基 松方弘樹 絶縁 原因 19年 感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

しくじり先生で「仁科克基」が紹介されました!
仁科克基さんといえば元妻である多岐川華子と結婚や離婚の話が
話題となっていましたが、

今回の4月23日のしくじり先生では、
今年なくなった「父の松方弘樹」との確執について、
授業で触れるそうです。授業テーマは

「親が亡くなった時に後悔しないための授業」

父の松方弘樹さんが出演している映画やドラマ・番組を、
「全く見なかった」という仁科克基さん。
なんと、19年間も父親と息子は絶縁状態だったそう。
「テレビに父親が映ったらチャンネルを変えるくらい」という仁科先生。

それぐらい拒絶をしていた、と話す事から、
絶縁の原因は勘当されたなどではなく、
克基(まさき)さんが自分から弘樹さんを嫌っていたのか?
気になる所ですが・・

しくじり先生ではそんな絶縁の原因と結末について紹介されます。

しくじり先生 仁科克基 松方弘樹 絶縁

仁科克基さんと松方弘樹さんの絶縁の結末から言うと、
父である松方弘樹さんが死ぬまでずっと絶縁状態だったそうです。

絶縁から和解には至らなかったんですね。
せめて死ぬ前に仲直りした話などが聞けると良かったのですが、
「親の死に目にも会えなかった」と話す仁科克基さん。
「息子なのに葬儀にも出なかった」そう。

しかし、亡くなって後悔しているんだとか。
「心から後悔しています」という仁科先生。
父親の偉大さにも気づき、反省をしているそうです。
そんな仁科克基さんが、しくじりを語り始めます。

しくじり 仁科克基

仁科克基さんの犯したしくじりとは何だったのでしょうか?
しくじり先生といえばオリラジ(オリエンタルラジオ)の、
中田さんではないですが、武勇伝のような反抗期を語ります。
1番大木なのは、お金のしくじりのようで・・

・父松方弘樹のお金で友達におごった金額は5000万円
(小6で、友人に高級ステーキや高級寿司を奢っていたそう)
・ファーストフード店で全メニュー注文!
(中学時代にクラスメイト全員を連れて行く)
・グアム旅行とリムジン貸し切り費用も全費用負担
(これも中学時代)

父親のお金を湯水のようにバンバン散財したそう。
仁科先生は「僕は年収600万円くらいだった(父親のお金で)」と言います。

続けて、自分が住んでいたのは豪邸と言い、
「20LLLDDDKKK」の家に住んでいたそう。
こんな豪邸に幼少期から過ごせば金銭感覚もおかしくなるかもしれませんね。
飛行機もファーストクラス、食事も高級レストランや料亭だと、
お金の感覚は身に付かないかも知れません。

仁科克基 松方弘樹 絶縁 原因

しくじり先生では、松方弘樹さんの遺作「野花」が流れました。
この映画はシリーズ作品として制作予定でしたが、
松方さんが亡くなったことで最期の出演作品となってしまったそうです。

しくじり先生に出演の「大和田伸也」さんは、
「恐竜を掘ろう」で監督を務め、松方さんに主演してもらった際、
1ヶ月間一緒に過ごした時に「素晴らしい先輩だと感じた」そう。
松方弘樹さんは、偉大な俳優さんでした。

仁科克基さんと松方弘樹さんの絶縁の原因は何だったのでしょうか?
それは、「離婚」だったそう。

仁科昌樹・・じゃなく、克基さんは、仁科亜季子さんが母親です。
(仁科亜紀子さんとは別仁)

その2人は、仁科克基さんが高校生の時に離婚しますが、
その時に「父が悪い!父が憎い!母を守りたい!」となってしまい、
それが19年間の絶縁のきっかけ(始まり)だったそうです。

そこから19年間も絶縁しますが、
今年の初めに松方さんが病気で入院されたという情報を聞いた時に、
初めて「父に会いたい」と思ったそう。

しかし、やはり
「今は会いに行かず、退院して元気になったら会いに行こう」と
思ってしまったそう。

しかし、1月23日にニュース速報で「松方弘樹さんの死亡」を知ります。
居ても立っても居られなくなり、慌てて入院先の病院にかけつけますが、
「プライバシーのため、病院の中には入れません」と言われてしまいます。

結局、駆けつけたときにはその病院には居なく、
既に無くなり別の場所に搬送されていたそうです。

親が亡くなった時に後悔しないためには

しくじり先生のテーマ
「親が亡くなった時に後悔しないためには」ですが、
「自分の親にあと何回会えるか考えた事ありますか?」と
問いかける仁科克基先生。

そして、親が亡くなる前にやっておきたい事を語ります。

1.親に感謝の気持ちを伝える
2.親であってもきちんと謝る

もうすぐ母の日・・・
楽天市場で1位となっていて10000件近くレビュー(凄・・)がある、
母の日ギフト(カーネーションなど)はこちら☆

しくじり先生 仁科克基 感想

偉大な俳優さんの息子ともなると、なかなエピソードのスケールが大きいですね。
生きてるうちに仲直りして欲しかった気がします。
父親の死を聞いた後にかけつけた病院で、
「松方弘樹の息子です」と言った時の病院の対応は酷いなと思いました。

息子だって言ってるのに(誰がどう見ても息子)
「今は病院にはいない」という事すら教えてもらえないという事実が、
かわいそうでしたね。

仁科克基 多岐川華子 離婚

仁科克基さんにとって、人生のどん底は、
「多岐川華子」さんと離婚した時だったようです。

華子BOXを作るほど華子さんの事が大好きだったそうで、
しばらく立ち直れなかったそう。
多岐川華子さんの香水と同じ香水をつけてる女性とすれ違っただけで、
涙が出てしまっていたそう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加