おこぼ餅(ocobo)がPS純金ゴールドで紹介!覚王山に「おこぼ」を買いに行きました☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「おこぼ餅(おこぼもち)」が、8月18日のPS純金(psゴールド)で紹介。
指でつまめないくらい、ふわふわの羽二重餅が、
和三盆の甘みで、どこか懐かしいお味。
佐藤栞さんも絶賛した名古屋市千種区の絶品和菓子のお店、ocoboさん。

覚王山まで行ってきたので、記事にします。

1.「おこぼ」とは?

おこぼ餅という名前を聞き、そういうお餅があるの?
と疑問に思った私。

おはぎ、羽二重餅、わらび餅・・に並ぶ「おこぼ餅」というものが
存在するのか・・と思って調べて見たら、違いました!

「おこぼ」という日本語の意味は、舞妓さんが履く履き物のことで、
10センチ以上ある厚底の草履のようなもの。
お菓子や、お饅頭の意味はありません。

「おこぼ餅」という名前のお菓子は存在しないようで、
Ocoboさんがオリジナル商品として製造&販売されているようですね。

2.Ocobo(おこぼ)PS純金

8月18日のPS純金ゴールドでは、
千種区の和菓子屋さん、ocobo(おこぼ)さんを紹介!

看板商品の「おこぼ餅」が取り上げられました。

和三盆糖蜜と卵白を混ぜた羽二重餅の「おこぼ餅」が、
手土産に人気となっているとのこと。

キメが細かくて柔らかく、中にクルミが入ったお餅。
佐藤栞さんが食べて「おいしい!」とコメント

お値段は1個180円という安さ。

3.おこぼ餅を覚王山に買いに行く!

そして、最近PS純金で紹介されたお菓子をちょいちょい食べている私。
「この、おこぼ餅も食べたいな~」と思いつつ、買いに行くか迷っていました。

ふとアクセスを調べて見ると、駅から近く、徒歩1分!
名古屋駅から地下鉄東山線の栄方面の電車で15分ほどで行けると判明。
買いに行く事にしました。

お店に行ってから売切れだったら困るので、
行く前に電話で「おこぼ餅、ありますか?」と聞こうと、お店に電話することに。

同日にPS純金で紹介されたいちだ(一朶)さんは、
電話で聞いてから取り置きしていただいたので、こちらも・・・

今行って買えるなら行きたいけど、無いなら、買える時間に買いに行きたい

と思って、まずは電話。
1時30分~2時すぎくらいに、3,4回電話をかけたけど、出られず。
試しに3分くらい長く呼び出しましたが、出られません。

間違い無く、電話に出られないほど忙しいのは伝わってきたのですが・・・

Ocoboさんのフェイスブックやブログを確認したのですが、
「当日イートインの白玉メニューはありません」という表示のみ。

売ってる可能性が無いわけじゃないから、行ってみることに。

名古屋駅から東山線に乗ること15分。覚王山駅についたら、
覚王山の階段の雰囲気が怖すぎて、ちょっとびっくり。
昼間なのに誰一人歩いていない中、狭くて暗い階段が長い・・・。

4.おこぼ餅は売切れで予約することに

覚王山駅の3番出口から地上に出たら、左手に向かって、スグ。
お店は近いので、迷わずに行けました。
可愛らしいお店。

中に入ると、満席で・・
イートイン待ちのお客さんが2組ほど。

そして、案の定、おこぼ餅は完売してしまっているとのこと。
しかし「17時に出来るから、取り置きできる」とのこと。
その時、14時半・・・。
迷った末・・1箱注文してお店を出る事にしました。

迷った理由は・・17時まで2時間半。
覚王山で待っている場所も無いし・・・
一度地下鉄で帰って、また来ないといけないから、
さすがに迷った^^;

一度、覚王山から名古屋駅に戻り、
17時を過ぎてから、再び覚王山まで地下鉄に乗り、
お店に買いに行くことに。

5.おこぼ餅を食べてみた!

そして、18時前に再びお店に行くと・・・
お店はほぼ終わり。品切れでイートインは終了しており、
お客さんは誰もいません。

お店の方は、「何度も来ていただいて、すみません」
とおっしゃってくださり、やはり1人で切り盛りされていて、
とっても忙しいようです。

おこぼ餅は開店後すぐに完売してしまうそう。

テレビで紹介される前から、土日は売切れてしまうことが多いのだとか。

さっそく「おこぼ」餅を食べてみました・・
ひと箱5個入りで税込み900円のもの。

想像通りの味で、とっても美味しい!

どこか懐かしい和菓子の味。ふんわり和三盆の味。
そして、思ったよりとっても柔らかい。

そのまま食べても美味しいけど、冷やして少し弾力がある時に、
食べると、尚、美味しい。

和菓子としてしっかりした甘さがあるなぁ、と思っていたら、
原材料は砂糖が一番多いよう。

小豆に頼らない和菓子の美味しさがありますね。
もう少し甘さが控えめなら、毎日食べていると思う。

美味しい。小さい子からお年寄りまで皆好きな味だと思います。
饅頭なんかは好き嫌いが分かれますが、こちらは手土産にぴったり。
間違いなく「おいしい!ありがとう!」となるお菓子ですね。

1箱完食しましたが、また食べたくなってきました・・・。

6.Ocobo 営業時間/定休日

和菓子菓寮Ocoboさんの営業時間は、お昼12時~18時30分。

定休日は水・木。

(原料切れで8月21日~お休みだったと思うので、
Ocoboさんのブログなどで定休日を確認したほうが◎)

7.Ocobo 駐車場/アクセス

Ocoboさんには、駐車場がありません。
地下鉄東山線の覚王山駅3番出口から徒歩1分なので、
電車でのアクセスが便利です。

覚王山3番出口を左手に行ってスグ着きます。

名古屋市千種区観月町1-8ツインビービル覚王山

場所:名古屋市千種区観月町1-8ツインビービル覚王山1F
電話:052-752-6789

8.まとめ

和菓子菓寮Ocoboさんは、8月18日のPS純金ゴールドで紹介。

東京、横浜、大阪、京都に負けない美味しい和菓子として、
名古屋の美味しい和菓子店が紹介されました。

関連記事Ohagi3(おはぎさん) PS純金ゴールドで守山区のおはぎの専門店が紹介!

関連記事お寺モーニングの願隆寺の精進モーニングがPS純金で紹介!

関連記事いちだ(一朶)の桃餅(もももち)を予約して食べた!PS純金で紹介!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加