おつや/信長の叔母 秋山虎繁【歴史秘話ヒストリア】絶世の美女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


歴史秘話ヒストリア(5/26)で織田信長の叔母「おつや」が紹介!
「戦場の花嫁/愛に生きた女城主」がテーマとなっています。

おつやの方」と呼ばれる信長の叔母は、なんと「絶世の美女」だった?
度重なる政略結婚後、敵将から戦場でプロポーズされ、禁断の恋に落ちる・・
そんなおつやのドラマチックな逆転人生とは?

おつやが所持していた「金の観音菩薩像」からわかる、
「おつやの家族愛」とは・・・?

・・・・と、歴史秘話ヒストリアの放送内容なのですが、
とても興味が沸いてきたので、
この「信長の叔母=おつや」について、調べてみました。

おつやの方にプロポーズをした武将が、
武田軍の秋山虎繁(あきやまとらしげ)という武将だとわかりました。

でも・・戦国時代なのに、戦場プロポーズ?
本当にしたの?一目ぼれだったってこと?
おつやの方にしかも信長側なのに、裏切ってしまっていいの?
など、疑問が湧いてきます。

そんな興味深い人生を送った夫婦(?)
おつや&秋山虎繁」について、調べてみます。

おつや 秋山虎繁(あきやまとらしげ)

おつやの方は、織田信定の娘で、信長の叔母にあたる人物。

遠山景任と政略結婚し妻となるが、子供ができぬまま景任は死去。
信長の五男坊丸を養子とし、まだ幼児の坊丸の代わりに岩村城の城主となっています。
(なので”女城主”なんですね。)

1572年に武田信玄が徳川家康の領土を奪取するための戦いをしかけた際、
おつやの方は信玄側に同調し武田軍に寝返って、織田(家康)側を裏切ったよう。
それが原因で、上村合戦という戦いが起きています。

1573年、信玄は美濃に秋山虎繁を送り、岩村城城主とし、
おつやの方はこの秋山と結婚したとされています。
養子にしていた坊丸は甲斐に送られます。

なので、歴史秘話ヒストリアの「戦場のプロポーズ」というのは、
1572の戦いで起こったことなのかもしれません。
そして、秋山虎繁とおつやがのちに結婚していることから、
その戦場2人は、恋に落ちたという事なのですね。

しかし、一緒になって1か月で信玄が病死。
武田軍が撤退する事になり、おつや達の立場も危うくなってしまいます。

1575年に織田信長が長篠の戦いで武田軍を敗ると、
おつやの方のいる岩村城は包囲され、織田軍につかまり・・・

秋山虎繁とおつやは2人とも、磔の刑にされ処刑されてしまったそうです。

関連記事実録!10人のコワイ女で放送された女性犯罪者の人生とは?

結婚といえば・・・

【ホンマでっかTV】アナタが結婚できない本当の理由 胸の大きさ ファーストキス
未婚率が上昇し婚活業界が賑わう中、うまくいかずに悩む人も多い。 今回のホンマでっかTVのテーマは「あなたが結婚できない本当の理由」でし...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加