主婦の被害者続出!おいしい副業は「荷物を受け取るだけで3000円」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

主婦が殺到!自宅に届く荷物を受け取るだけのバイトとは?

本日のテレビ番組「オーメン!」では、現在、詐欺被害が急増している危険な”主婦の副業”が取り上げられました。この詐欺の被害者は、主婦を中心に日本全国に数百人もいると見積もられています。ごく普通の主婦がどのような経緯でその副業に手を出し、どのような被害にあったのかをご紹介します。

結婚3年目の32歳の主婦の武田さんは、被害に合ったうちの1人。
武田さんがこの副業を知ったきっかけは、ある日、友人から「いいアルバイトがある」と紹介されたことです。その時の実際の仕事内容として掲載された情報は以下でした。

荷物を受け取るだけで3000円がもらえる副業の求人ページ

アルバイトの名称は「荷物受け取り代行」
自宅に届く荷物や書類を受け取り、
指定の別の住所に送るだけで3000円がもらえる
というものです。

  1. 荷物が自宅に届く(開封しないで下さい)
  2. 担当者に荷物が届いた事を連絡
  3. 担当者に送り先を指定される
  4. 〇〇〇の着払い伝票に記入(自分の住所電話番号氏名を記入)
  5. 発送
  6. 送り状番号を担当者に連絡
  7. 送った荷物が届き次第報酬(到着日の13時頃口座に入金されます)

上記の求人広告は、SNS等で拡散し、多数のクチコミも載せられていました。主婦の武田さんも初めは疑心暗鬼でしたが、その副業のクチコミ欄には「すぐに入金がされました」と信ぴょう性が高いと思われる良い内容が多く載せられていたため、その日の夜に求人に応募する事にしました。すると、深夜0時を過ぎていたにもかかわらず、すぐに返信がありました。
担当者の文章はとても丁寧で、返信もとても速かったそうです。

被害者が荷物を転送していたのは「横浜の三浦」という人物

その後、この仕事の担当者から要求されたのは、身分証の送付。
運転免許証の表面と裏面、住基ネットの表面と裏面、パスポート、国民健康保険の表面と裏面などの現住所が確認できる写真つきの身分証明書を撮影して送るように要求され応じたそう。

すると、すぐに仕事がスタート。自宅に荷物が届き始めます。武田さんは、その荷物を受け取り、決して開封をせずに、言われた通りの宛先に送付します。今回番組オーメンで取材した8人の主婦の方は全員、発送先は横浜市で受け取りは三浦という人物だったそうです。

武田さんは順調にバイトを続け、24000円の報酬を受け取りました。
しかし、3か月後にやっと自分が危険な副業に手を出していたことに気が付きます。

自分宛てに届く請求書の山!箱の中身は携帯電話だった!

この荷受け代行アルバイトを続けて3か月過ぎたころ、武田さんの家に大量の請求書が届き始めます。中には、裁判所からの督促状もあり、武田さんが目を通すと、武田さん宛てに見覚えのない多額の請求がされているという事実に気が付きます。

実は、この荷受け代行で届く箱の中身は携帯電話でした。犯人は提出させた身分証を使い、武田さん名義で大量に携帯電話を契約し、それを受け取られて転送させていたんです。その携帯は全く知らない人の手に届き、オレオレ詐欺などで利用されます。そして支払いはすべて、契約者である武田さんに請求されていたのです。

被害に合った場合、1度でも支払ってはダメ!

この荷受け代行詐欺の被害者は、全国で数百人はいるとされています。番組の弁護士によると、請求書が届いたときに支払ってはいけないということです。
一度でも支払ってしまうと、その携帯電話の契約をしたことを認めてしまう事になるそうです。そのため、いくら金額が数千円や数万円と少額であったとしても、支払わないことが大事です。被害に合ったと思う場合は、弁護士に相談するのがよさそうです。

迷惑メールを開いてみた!返信した実験の結果は?ライン乗っ取りも。
7月19日の「世界の何だコレミステリー」でサイバー犯罪が取り上げられました。 アプリだけで、携帯のカメラから私生活をのぞき見されたり、...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加