ピコ太郎の年収5000万円は古阪大魔王と折半?!ピコ太郎と古阪大魔王の気になる関係!同一人物説も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

PPAPの曲や動画が空前の大ヒットで、ピコ太郎さんの年収はいくらなのか?

ピコ太郎さんの年収は既に5000万円を超えていると予想されています。

今日の金スマスペシャルでゲスト登場した、ピコ太郎さんの話題です。
おなじみ”ペンパイナッポーアッポーペン”のPPAPの歌とダンスで有名になった芸人さん。
2016年8月25日にYoutubeで動画を公開すると、再生回数が4億回を超え、ギネス最短記録や最速記録を獲得し“驚異的なヒット”を飛ばしています。

ピコ太郎さんはピン芸人ですが、1人ではありません。
ピコ太郎さんには、強力なプロデューサーである古阪大魔王がついています。
その古阪大魔王が作詞作曲したPPAPを歌っているのがピコ太郎さんです。

今回番組に呼ばれたのは、ピコ太郎さん1人だけ。
今回の金スマでも、ピコ太郎さんと古阪大魔王の関係についても尋ねられています。

ピコ太郎の年収は5000万円超え?ギャラは、古阪大魔王と折半する予定なのだそう

Youtubeの動画は、1再生ごとに、少なくとも0.1円の収入になるそうです。
再生回数から計算しても、数ヶ月でyoutube広告収入だけでも3,000万円はあると見積もられています。
それに加えてTV出演やCM、CDからの収入もあるため、少なく見積もっても既に5,000万円はあると言っていいでしょう。

以前ピコ太郎さんが”徹子の部屋”に出演された時、ギャラや収入についても聞かれています。
それについてピコ太郎さんは”まだ入っていないのでわからない”と答えていますが、プロデューサーの古阪大魔王と折半で半分ずつもらうことになりそうだと答えています。
ピコ太郎が売れた理由は、プロデューサーのプロデュース力と言えますから、自然なのかもしれません。

ピコ太郎のプロデューサーは、”古阪大魔王”という方で、
スーツ姿で爽やかな好青年といった容姿。

あれ?ピコ太郎と古阪大魔王は顔がそっくり!

人は自分と顔が似ている人と仲良くなりやすい傾向があると言われています。
古阪大魔王も、自分と似ているピコ太郎さんという芸人さんをプロデュースしたくなったのではないでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・
記事を書いている途中で、重大な秘密に気がつきました。
ピコ太郎さんと古阪大魔王さんは同一人物説があるそうです。
・・・・・というか、2人は同じ人であるという説が有力です。

古阪大魔王は、売れない芸人のシンデレラストーリー

古阪大魔王さんは、実は芸歴の長い芸人さんで、”底抜けエアライン”のメンバーでした。
お笑い番組”ボキャブラ天国”でも活躍し、その実力は、芸人仲間からも高く評価されていました。
しかし、順調に活躍していく同世代のくりぃむしちゅーさん等とは対照的に、古阪大魔王さんは、なかなか陽の目を浴びず、売れない日々が続きました。

金スマでも、「その時代は、鬱のようになっていた」と告白。
売れたい気持ちはあるけれど、古阪大魔王さんのやりたい事である”歌とお笑いの融合したもの”は、なかなかヒットしませんでした。
でも、その後も諦めずに再起をかけ、ついに2016年夏にPPAPを公開するに至ったのです。

なかなか売れないけれど、その才能が認められている芸人たちは?

芸人迷子で有名なユウキロックさんは、ハリガネロックというお笑いトリオの元メンバー。
2001年のM1グランプリの準優勝という栄光を勝ち取り、その才能も認められていたが、ついに大ブレイクすることがないまま”ハリガネロック解散”という選択をしてお笑い界から姿を消してしまった。
このユウキロックさんが書いた書籍は、”魂がこもっている”と話題になり、2015年12月に発売されたものの完売が続き、現在は2月9日に再入荷予定になっています。
その才能を惜しむ声は、こちら

このような才能はあるけれど、大ブレイクにつながっていない芸人さんたちは多いですが、古阪大魔王さんのPPAPの大ブレイクを見る限り、何年後でも戻ってきて、今まで以上にブレイクする可能性も十分にありそうですね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加