神奈川県・東名高速 夫婦死亡事故、危険運転常習犯の石橋容疑者のひどい行為の数々

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県・東名高速 夫婦死亡事故

危険運転常習犯の石橋容疑者があまりにもひどい行為の数々 、嘘の証言も。


反省の色無視?危険運転常習犯や虚偽証言の石橋容疑者が許せない。

今回は、2017年6月5日午後9時半ごろ、神奈川県・東名高速において起きた、
幸せな家族旅行帰りのワゴン車を襲った痛ましい事故について調べてみました。

【事故の状況】
6月5日午後9時35分ごろ、神奈川県・東名高速において、静岡市の車整備師 萩山嘉久さん(当時45歳)
一家のワゴン車が石橋和歩容疑者(当時25歳)福岡県中間市が運転する一台の常用車に進路をふさがれたため、
止むを得ず、下り車線に停止せざる負えなくなりました。
その直後、萩山さん夫妻らは、石橋容疑者によって車外に引っ張り出され、そこにトラックが衝突したことで事故に巻き込まれ、
萩山さん夫婦が小学6年と高校1年の姉妹の目前で命を落としたという
痛ましい事故。

あまりにも腹立たしく許しがたい状況が浮かび上がってきたので、

この石橋容疑者についてさらに、調べてみました。

【危険運転と暴行】

姉妹の証言などによると石橋容疑者は中井パーキングエリアから約1・4キロの間において、

後方から極端に接近するあおり運転や、前に割り込んで減速、幅寄せなどの進路妨害を繰り返した上、

最終的に追い越し車線で容疑者の乗用車が覆いかぶさるような形でワゴン車をハザードを出すことなく停車させたという。

石橋容疑者はその後、夫婦を車外に引きずり出し、

謝罪を続けているにもかかわらず萩山さんの胸ぐらを掴み、殴るなどの暴行を加えました。

トラック側に背中を向けていた夫婦の背面から大型トラックが

ハザードを出していなかった萩山さんのワゴン車に気づかず激突した形となり、夫婦が搬送先の病院で死去。

トラックの進行状況を見ていた石橋容疑者は、現場にいた誰よりも軽傷

これらの現場を一部始終目撃し軽傷を負った姉妹の証言により、石橋容疑者に殺人罪が検討されています。

石橋容疑者の運転する車の助手席の女性も軽傷を負ったとの情報はありますが、命には別状はありません。

この中井パーキングエリアにおいて、

萩山さんは出口付近の道路に不法駐車し扉を開けてタバコを吸っていた石橋容疑者の車の横を通る際、

一言「すみません」と声を掛けただけで、その後の嫌がらせ行為が始まったとの情報もあり、

なんとも信じがたい石橋容疑者の狂気的な行動に言葉が出ません。

一体、何が起こってどうしたら、そのような行動に結びつくのでしょうか?

【虚偽の説明】

さらに、当初の任意段階での聴取において石橋容疑者は

「夫婦にバッシングを受けたり、あおられたりされたりので、自分も停車せざるおえなくなった」

などと話していました。しかし姉妹の証言や、

神奈川県警の現場付近を走っていた260台以上の車の割り出しと聞き込みや

ドライブレコーダーに記録されていた情報の収集によって萩山さん運転のワゴン車には、

そうした走行が一切確認されず、石橋容疑者が虚偽の説明をしたと判断しました。

最初から、やましい気持ちがあったからこそ、石橋容疑者が虚偽の証言を行ったと考えられますよね。

本当に呆れて、開いた口がふさがりません。

捜査関係者の情報によると、石橋容疑者は逮捕直後に、

「(現場近くの中井パーキングエリア出口付近に不正に駐車したことを)萩山さんに注意され、頭にきてカッとなり追いかけた」

とも供述しているらしいです。

【追い越し車線上で停止】

県警は6月12日、同容疑で石橋容疑者とワゴン車に追突した男性トラック運転手(当時63歳 広島市)を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)送検。

 
衝突した男性トラック運転手 は

「ワゴン車に気づいて、慌てて、よけようとして左にハンドルを切ったが、間に合わず衝突した」

と説明。


トラックの追突の衝撃によりワゴン車が、前方に止めてあった石橋容疑者の車を巻き込んだ後、

約13メートル先の中央分離帯にぶつかり停車。

事故当時の検証において県警は事故当時、男性トラック運転手が追い越し車線上に、

ワゴン車などが停車されていることを予見することは難しかったとし、在宅捜査の判断が下されています。

石橋容疑者に脅されて、車外に引っ張り出された萩山のワゴン車は、ハザードを出しておらず、

気づきにくい状態の停車ワゴントラックに衝突してしまった運転手への同情の声も多く聞かれています。

【石橋容疑者の常習 危険運転】

事故から約半年たった今、県警の調べで、新たに石橋容疑者は事故の1カ月前に山口県下関市の一般道で、

3台の車に同様の妨害行為をしていたことがわかってきました。

1件目は事故の1カ月近く前の5月8日

下関市の一般道で運転中に急に、時速約10KMまで減速し、

追い越した車に対して、複数回クラクションを鳴らしたのち、進路をふさいで停車させ、窓を叩いたとのこと 。

2件目は翌9日未明に、石橋容疑者はわざとゆっくり走行し、

追い越そうとした車の進路を数回妨害して停止させたのち、相手の運転席のドアを数回蹴りました。

3件目は同日の早朝に、石橋容疑者は、信号で青に変わっても10秒ほど発車しないという迷惑・危険行為を行い、その後も遅めの速度で走行。

そして石橋容疑者を追い越そうとした車に自の車を寄せて衝突させました。

県警は 短期間に繰り返された妨害行為などを重視し、現在も詳しく調べています。

【証言者による石橋容疑者の危険性】

他にも石橋容疑者の知人(20歳)によると

「普段は普通の人なんですが、運転時はとにかく人が変わったようで危なかった」

とのこと。

実際の運転の様子については

例えば(石橋容疑者は運転時)座席を倒した状態で足を伸ばして、足でハンドル操作したりしていた。前の車をわざとあおったり(前の車が)自分の思い通りにいかない時に、

相手の車に向かって窓を開けて暴言はいたり、 結構、法定スピードを超えた早さでの運転もしていました。 いつかこういう事故・事件に遭うのではないかと恐れていた」
 

とも証言しています。

足で、車のハンドル操作?

全く想像ができません。

このような危険を冒す容疑者を事前に警告したり捕まえたりする、

何らかの手立てが打てなかったのか?少なくとも周りの家族や友人はこれらに気づいていたでしょうし、

気づいた時点で彼を説得する必要があったはずです。

【石橋容疑者の家族関係】

それでは次に、石橋容疑者の家族関係や友人関係についてまとめてみましたのでご覧ください。

石橋容疑者の家族構成は、父親と離婚をしており、現在は母親との二人暮らしということ。

そしてその母親とは生活費についてもめていたという話があり、家族が何かを言える状況ではなかったのかもしれません。

しかし逮捕前も、事故については、反省の意が感じられず「パッシングされたり煽られたりしたので停まれという合図かと思った

と話していたらしく、相手が自分と口論をするために、煽ってきて、

それに対して攻撃するために車をわざと停車させたというような、

被害者意識までもが感じ取られるのは私だけでしょうか?

夜の高速道路、追い越し車線で停止なんて、

どう考えてもあり得ない事なので、石橋容疑者の自分勝手な思い込みで、自己中心的で他人のことを考えられない性格だとわかります。

家族構成や育成歴を知れば 性格については少し、仕方ないとは思えるところもありますが、

だからと言って事故を起こしてもいいわけは決してありません。

同じワゴン車の後座席にいた、萩山さんの姉妹は最愛の家族を目前で悲惨な事故で亡くしているわけですから、

心の傷を想像するととても胸が痛いです。

同乗していた15歳である長女の執念とも言える証言によって、この半年間の捜査が進んだとも言われています。

【殺人罪の適応】

この事故で、石橋容疑者は、萩山さん両親に対して死亡に至る暴行などを、

直接を下したわけではありませんが過失運転致死容疑が適用されました。

警察は石橋容疑者に対して危険運転致死傷罪として立件させたかったようですが、

石橋容疑者の運転による事故ではなく、止まった車にトラックが衝突した事故なので不可能となったのです。

しかし、弁護士によっては、過失運転致死傷罪にとどまることなく、

亡くなる可能性のある状況をつくった本人であるということで、

殺人罪適用されると考える人もいるようです。

例えると、人を車道に縛って放置し、その後、

その人が亡くなると殺人罪に問われるといった類に当たるのではないかということで、

どうにかして遺された2人の姉妹の、無念が晴れるようになればと願っています。

楽しい家族旅行の帰り道、パーキングエリアにおける小さなトラブルが”事故死”に繋がるなんて、あってはならないことです。

危険回避のために善い行いをした萩山さんがこんな形で 亡くなるなんて、不条理きわまりありません。

今はただただ、萩山さんご夫婦のご冥福を心よりお祈り申し上げたいと思います。

東海グルメと衝撃事件!にお越しいただきありがとうございます。
他にも女性の人生や衝撃事件、気になる話題、グルメについて書いています。
このブログの目次はこちら↓↓

目次(東海グルメと衝撃事件!)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加