北九州市私立高校生ラインいじめ自殺事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北九州市私立高校生ラインいじめ自殺事件


2017年4月17日、北九州市小倉南区の私立高校に通っていた2年生の女子生徒が

朝の登校途中に学校近くの墓地で、

お母さんの作ったお弁当を祖父母の眠るお墓に供えてから墓の後ろのガードレールで

カバンのヒモを使って、首をつり、亡くなりました。

この女子高校生は、亡くなる直前に同級生に、

「あたしになんかあったらAとBとCのせいやけね。後悔してもしらんけ」

とLINEのメッセージを送信していたそうです。

亡くなった女子高校生が通っていた学校は、北九州市内にある私立高校で、

近くに大きな墓地があるなどの条件やニュースの映像からどこの学校のことかも既にネットでは、特定されています。

Twitterでもこの事件についてはたくさんつぶやかれています。

この事件を受けて、学校側は一部生徒を対象にしたアンケートを実施しました。

その結果をもとに、最初は遺族や保護者会など対し、人間関係のトラブルであり

、行き違いが重なったという捉え方で「いじめはなかった

と主張していました。

しかし、遺族側が、同級生に情報提供を呼びかけたところ、

いじめを疑わせる複数の情報が寄せられました。

7月31日、学校側はいじめ防止対策推進法に基づき、いじめと自殺の因果関係などを調べ、

再発防止を提案する第三者委員会を設置し、非公開で初会合を開催しました。

第三者委員会のメンバーは大学教授2人と弁護士の計3人。

委員長には福岡教育大学で心理学を専門とする大坪靖直教授が選出されました。

ちなみに、いじめ防止対策推進法の中で学校がすべきことは、

具体的にいうと、早期発見のための措置や相談体制の整備です。

今回は残念ながら早期発見をすることが出来ずに、悲しい結果となってしまいました。

でも、いじめ防止対策推進法の中には児童・生徒が重大な被害が起きた場合には、

学校が調査を行い事実関係を保護者らに伝えることが義務であるとも書かれています。

法律にもこのように書かれていますので、再度のアンケートを学校側も実施しなくてはならないのです。

初会合で学校側は6月初旬、全校生徒を対象に行ったアンケートで、

具体的記述のあった約50人に追加でヒアリングしてまとめた資料などを提出しています。

その資料の中にはこのようなものがありました。

「終業式で写真を撮るとき、わざと写らないようにされていた」

といった情報が寄せられました。そして

、「昼休みの弁当の時間になったら一緒に食べたくないという理由でチャイム鳴ったとたん、
みんなで一斉に走って亡くなった人だけ教室において学食に食べに行ったりしてた」、

「『いじめられている』と女子生徒から直接聞いた」、

「いじめていた子たちが亡くなった女子生徒を省こうやみたいな事を言っているのを聞いた

などの証言もありました。

明らかに亡くなった女子高校生はイジメを受けていたことがわかりますね。

仲間はずれにしたことで、孤独へと追いやられている様子がうかがえます。

それ以外にも具体的にどのようにいじめられていたのかははっきりしませんが、

友達にいじめられていると訴えているので、

仲間はずれ以外にも陰湿ないじめがあったのでしょう。

それなのに、いじめた方の1人は自分は悪くないと言って回っていたという噂もあります。

自分達がとった行動が人を傷つけただけではなく、

その命までを奪っているという自覚はないのでしょうか?

でも、当初の学校側の対応は、「いじめを受けている

とう相談はなかったとコメントしていたそうです。

でも、いじめられているからといって学校に気軽に相談できますか?

そんなに簡単に相談できるものではないのでしょうか?そもそも、

相談を受けていても学校がそれをもみ消ししていることだって有り得ますよね。

亡くなった女子高校生は、LINEのメッセージで

「あたしになんかあったらAとBとCのせいやけね。後悔してもしらんけ」

と同級生に送信しています。このメッセージは、

具体的な名前を出したいわば「遺書」です。

このメッセージが送信されている時点で、

明らかに学校で、女子高校生に対するいじめが存在していたことはわかります。

それなのに、人間関係のトラブルであり、

行き違いが重なったという捉え方で「いじめはなかった」はないのでしょうか?

しかも、この学校には、「いじめ防止基本方針」なるものが存在します。

・日頃から生徒が発するサインを見逃さないようにして、いじめの早期発見に努める。
・悪ふざけやからかい等が、いじめにつながることを日頃から注意する。

日頃から気を配っていたら、いじめは発生しないと思いますが、

ちゃんと先生の目が行き届いていなかったようですね。

こんな学校に親の立場からしたら通わせたいとは思わないでしょう。

「いじめは人間として絶対に許されない」

という意識を学校全体を通じて、生徒一人一人に徹底する。

・いじめられている生徒は、学校が徹底して守り通すという姿勢を日頃から示す。
・いじめる生徒には、毅然とした指導を行う。
・いじめに気付いた生徒が、ただ傍観するだけでなくいつでも相談できる環境を整える。

もう、これは単なる世間体を保つ規則みたいな物です。

「いじめは人間として絶対に許されない」という考え方がちゃんと生徒に根付いていたら、

いじめなんて起こるわけがないのです。

しかも、いじめが発生しただけではなく、1人の大切な命が失われているのです。

おそらく学校内で指導なんて行われていないでしょう。

これを見て、どのように感じますか??

私はうわべだけの内容だなと感じました。

ちゃんとした調査結果を公表したのが、

悲しい事件が起こってから3カ月以上経過しています。

しかも、学校からの発表よりも早くその事実を世間に明らかにしたのは

マスコミの方が先です。

そのことからも、この学校は、

生徒よりも学校の世間体の方が大切なんだなと感じました。

本来は、いじめが起こらないような環境を作ることが大切だと思います。。

それなのに、学校はうやむやにしようとしました。

こんな事件そのものが起こってしまったことが一番よくないことです。

でも、取り返しの付かないことが起こってしまったからには、

まず学校が全てを調査して事実関係を明らかにすべきなのではないでしょうか?

そして、このようないじめが今後起こらないように努めていくことが、

この学校のやるべきことです。

完全版 いじめられている君へ いじめている君へ いじめを見ている君へ 完全版 [ 朝日新聞社 ]

価格:1,028円
(2017/10/19 09:41時点)
感想(1件)

亡くなった女子高校生は、

お母さんの作ってくれたお弁当を祖父母のお墓に供えてから、

学校の近くで亡くなりました。

せっかく作ってもらったお弁当を粗末にはできないから、

お墓にそなえたのでしょうか。

きっと亡くなった女子高校生は心優しい女の子だったのでしょうね。

そして、直前に送った遺書のようなメッセージ、LINEという形で残しています。

LINEという形で残すことで、学校にもみ消されないようにしたのだと感じました。

SNSが発達している今、ネットで拡散されることで検索すれば出てくる、

ある意味忘れさせないということにもなります。

でも、そのときは辛くても生きていればいいこともあったはずです。

それこそまだ高校生だったのですから、

卒業して地元を離れて環境を変えるだけでも

また違った人生になったのではないかと思います。

死んでしまったら、当たり前のことですが、未来がなくなります。

その死を悲しみ傷つく人もいるんです。

現に亡くなった女子高校生の友人がその悲しみと彼女を死に追いやった3人のことを

一生許さないとつぶやいていました。

このような悲しい出来事が再発しないことを願うばかりです。


関連記事
いじめ 加害者の名前が特定され拡散

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加