爆報フライデー 宝塚 蘭寿とむ 年齢 男役 結婚相手 不倫 ブレイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

爆報フライデー!宝塚100年に1人の逸材!
「あの美女は今!離婚、不倫、死別、壮絶人生を紹介する」
爆報フライデーの内容とは?

爆報フライデーは宝塚!
番組司会の爆笑問題、田原俊彦さんに加え、
アンガールズ、オリエンタルラジオ、友近、テリー伊藤、
パンクブーブー、花總まり、美雪花代、黛ジュン
さん出演の今夜の内容は?

爆報フライデー!宝塚100年に1人の逸材は蘭寿とむ!年齢は?

今夜の爆報フライデーの「宝塚100年に1人の逸材」と呼ばれる、
今年ブレイクすると言われている元宝塚女優とは誰なのでしょうか?

これは、蘭寿とむさんと言われています。

蘭寿とむ(らんじゅとむ)さんは1975年生まれの41歳です。
本名は阪本真由(さかもとまゆ)さんで兵庫県西宮市のご出身。

100年に1人の逸材と呼ばれる蘭寿とむさんとは、
どのような経歴の持ち主なのでしょうか?調べて見ました。

蘭寿とむ 100年に1人の逸材 何故 理由は?宝塚元女優

蘭寿とむさんは、元宝塚歌劇団花組トップスターの方です。
爆報フライデーでも言われるように、
「宝塚歌劇団で100年に1度の逸材」と形容される蘭寿とむさん。
そこまで言われるほどの偉業・才能とは、どんなものでしょうか?

実は、蘭寿とむさんは、エリート集団宝塚歌劇団の中でも、
トップ(首席)の成績を誇る女優さん。
しかも、1年や2年だけ首席だったわけではなく、
音楽学校に入ってから、宝塚歌劇団を卒業するまで首席をキープ!
これは、なかなか達成できる事ではありません。

蘭寿とむさんが宝塚音楽学校に入学した1994年(82期生)、
その合格倍率は、過去最高(2017年時点まででも歴代最高)だったそう。
なんと、合格率は48倍!
その入学時の成績が、まずトップ(首席!)

そして、宝塚歌劇団に入団後~卒業までずっとそのまま「首席」で居続け、
2011年から花組のトップスターに就任!
それから、4年間首席として男役を担当し活躍し続けました。

この優秀さ・有能さがあるからこそ、
蘭寿とむさんは「宝塚歌劇団で100年に1人の逸材」と言われているようです。

ちなみに、この蘭寿とむさんは、
この「100年に1人の逸材」の才能・偉業以外でも話題になりました。

それは、蘭寿とむさんの旦那さん(蘭寿とむさんの結婚相手)についてです。
実は、この蘭寿とむさんが結婚した相手というのが、
これまですごい経歴のスゴイ方だったようです。

蘭寿とむ 宝塚元女優 結婚相手 離婚 不倫

蘭寿とむさんと言えば、その旦那さんが話題になっている事でも有名です。

蘭寿とむさんのの結婚相手は40代の商社マン。
東京都内の有名大学を卒業したのちに、大手商社に入社。
海外勤務を任されるほどのエリート
で、現在は都内の本社に
勤めていると言われています。

この結婚相手の男性ですが、凄いのが、その家柄!
男性の祖父は電気関係の事業を起こした起業家。

そして、この男性は宝塚と縁があり、母親と妹が宝塚に入学しています。
さらに、この男性はプロテニス選手の、松岡修造の従兄弟(いとこ)なんです。

まさに、100年に1人の逸材と呼ばれる宝塚元男役トップスターの、
蘭寿とむさんに相応しいお相手といえますね。
その結婚相手の男性のお母様にとっても、息子さんが、
ご自身もゆかりのある宝塚で、トップスターで活躍した女性と結婚というのは、
喜ばしい事に違いないですね。

ちなみに、蘭寿とむさんとお相手の男性の出会いは知人の紹介。
知人の紹介で出会い、映画鑑賞やデートを重ねて、1年ほどで、
結婚するに至ったそうです。

爆報フライデー!その他の内容は・・?

爆報フライデーのその他の内容はこちらになっています。

  • 宝塚の元娘役トップスターMが今、北海道で社長に転身!
    会社の存続をかけ一発逆転! とんでもない大勝負に!
  • 今夜、数々の浮名を流した大物紅白歌手が芸能界最大級のスキャンダルを明かす!
    活躍の裏である大物人物と驚きの愛人生活を送っていた!
  • 2度の離婚!2度の婚約破棄!そして2度の不倫!
  • 芸能界を舞台にした知られざる禁断の恋をテレビ初激白!

62歳の肩出しファッションが話題!
「私は38歳のエリコ」と名乗り7億円を騙し取った山辺節子とは?
記事はこちら。

山辺節子が美容整形に800万!豊胸手術 手記も発表! タイ人彼氏とお風呂!エリート息子はシンガポールに。
美容整形に800万円を使った、山辺節子の手記が発表! いったいどこに800万円も使ったのか? 2度の離婚から豊胸手術まで、山辺節...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加