鈴鹿サーキットのキッズプール「アドベンプッチ」で幼児も大はしゃぎ!テレビで紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


鈴鹿サーキットのプールがテレビで紹介。
アクアアドベンチャーに2017年に新プール「アドベンプッチ」が登場。
幼児用のキッズプールで、すべり台や仕掛けがたくさんあるので、
赤ちゃんも幼稚園児も楽しく水遊びができます。

そんな鈴鹿サーキットのキッズプールが、
デルサタで紹介されましたので記事にします。

1.鈴鹿サーキット モートピア

モータースポーツの楽しさを体感できる遊園地、
モートピアでは、29種類のアトラクションが楽しめます。

モートピアにはプッチタウンがあり、ここでは、
大人と同乗すれば2歳、3歳の小さな子どもでも乗れる乗り物がたくさん!
5歳くらいからは1人で乗れる乗り物もたくさんあって、
1日中遊ぶことができます。

2.鈴鹿サーキット アクアアドベンチャー

鈴鹿サーキットといえば、
アクアアドベンチャーという、プール施設。
こちらでは、6種類のプールエリアと4種類のスライダーが楽しめます。

中央には噴水の火山「アクアマウンテン」があり、
スイッチを押したら水が噴き出してくる仕様・・・・・・
楽しそう!ちっちゃい子は押しまくるでしょうね。
(うちの子は3歳ですが、まさに「ボタン押したい盛り」です^^;)

水鉄砲やボート、スライダーもあり・・・
「アドベンチャーウェーブ」という日本初の波乗りが体験できる
波のプールがあるのだとか。

3.アクアアドベンチャーベイビー

赤ちゃんや1,2歳の子のプールデビューにぴったりの
アクアアドベンチャーベイビーという水遊び場があります。

こちらでは、水深15センチ&30センチのベイビープールや
キッズプールがあり、まだ子供用のプールに入れないような、
小さな子が水に慣れるのにぴったり!

4.キッズプール アドベンプッチ

そんな鈴鹿サーキットのモートピアに今年2017年に、
新しく誕生した幼児用プールがキッズプールのアドベンプッチです。

三重大学の教育学部と共同で開発した新プール。

岩山やロープ登りを楽しみながら、好奇心を養うことができます。

コンセプトは、「冒険家やのりものになって、
パワーリングを探す冒険にチャレンジしよう!」

・・・乗り物になりきってってどういうこと?
と思いましたが、ピーチロードプールという場所では、
水中の道をのりものになりきって突き進むと、
「勇者の証」というパワーリングを見つける事ができるとか・・・。

そのほか・・・

パワーバトルスライド ミニ

鈴鹿サーキットのプールで人気の滑り台
「パワーバトルスライド」のキッズ用が登場。
子どもはとにかくすべり台が好きですもんね^^;

長さ9メートルのちっちゃな滑り台。

キッズアイランドプール

橋を渡ってキッズアイランドに行き、
いろいろな方向に滑って遊べます。

5.アドベンカリー/プッチタウンキッチン

アドベンプッチで遊ぶ日のランチのオススメ2店が紹介されました。
まずは、ランチに最適なのが、施設内のカレー屋さん「アドベンカリー

飯ごうすいさんカリー

ちょっとピリっとするスパイシーなカレー。
夏バテ予防にも最適。料金は1000円。

そして、『プッチタウンキッチン
こちらには夏限定のスイーツがあるようです。

アクアマウンテンかき氷

どどーん!とスイカが4キレも乗ったかき氷。
家族で分け合って食べるのにイイですね。
お値段はちょっと忘れてしまいましたが、
1800円程度(?)でお高め。

6.アドベンプッチ 料金の割引

アドベンプッチが割引になるお得なサービスがあるようです。
有料で1度プールに入った3歳~小学生を対象に、
次回の来園時に幼児/小学生入園料とプールが無料になる、
記念カードを作成するサービス(有料:500円)があります。

利用期間:2017年9月3日(日)まで
お盆期間は対象外:8月11日(金)~14日(月)

7.鈴鹿サーキット プール 混雑状況

鈴鹿サーキットのプールは人気のため、開園前から
並ぶ事もあるようです。

混雑していてパラソルがぎゅうぎゅうな感じですね。
場所取りも大変そうです。

8.鈴鹿サーキット プール オムツOK

鈴鹿サーキットのプールはオムツが外れてない子でもOKのようです。
売店で水遊びパンツも購入する事もできます。
ちっちゃい子でも安心ですね。

この夏に是非行ってみたいと思います☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加