Youtuberの食べ残し動画を人として考えました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

「食べ物の食べ残し動画について」

Youtuberの食べ残し動画についての議論がネット上で白熱している。


最近では視聴回数欲しさに、

迷惑行為を行うyoutuberが増えてきている。

チョコレートスニッカーズというグループはサイゼリアでメニューを全品注文する動画をアップし、

目撃者がほとんど食べていない料理が並ぶテーブルの写真をSNSに投稿したところ食べ物が勿体無いと炎上した。

この事件は炎上しているが擁護派の意見もあり「お金を払っているのだから良いのでは?」

という意見も。

TBS系情報番組に出演している西川史子も「お金を払っているから」とチョコレートスニッカーズを擁護しています。

これらの擁護派の意見に対しネット上では

「食べ残しがあると片付ける手間や手数料が余計にかかってしまい経営者の負担となる」

「食べ残し動画をアップするとかバカの極み」

などの意見が寄せられていますね。

食べ残しはマナーの問題

私はこのニュースを見て、

正直チョコレートスニッカーズというグループの擁護はできません。

確かにお客側は料金を支払っているので、

料理を残す権利はあると思います。

またネット上の意見では

食べ残しがあると余計にお金がかかり経営者の負担が増えるとの意見がありましたが

これは食べ残しの手数料を考慮に入れて、

料理の値段を考えるのが経営者であるので、

この意見には賛同はできません。

しかし、料理を作る側の気持ちを考えるのであれば食べる方がいいのは当たり前ですよね!

これはお客様としてのマナーの問題であり、食べ物を食べる気がないのであれば、

注文しないのがマナーなのではないかと感じました。

仮に料理が口に合わず残すのだったら、マナー違反ではないと思いますが

さすがに口をつけずに残すのはマナー違反と言われるのは当たり前と思います。

お客様は神様という発想は店側からの意見です。

よくこの手の議論で言われる意見として

「お客様は神様だからいい」

という意見を言う人も少なくありません。

この意見は間違っています。

このセリフはお店側の意見であって決してお客さんが自ら言うことではないと思います。

これは建前のセリフであって、日本人ならではのおもてなしの精神を表しているセリフですね。

それと世の中には食べ物で困っている人がいると言う非難!

この食べ残しの議論でもう一つ出てくるメジャーな意見としては「食べ物で困っている人たちもいる」
と言う意見です。

私はこの意見に関しては微妙です。

これを言うのであれば、他にも世の中には不条理なことで溢れています。

その不条理を意識しながら、生活するのはとても不自由なことですね。

常に苦労している人のことを考えながら生活するのはとても苦痛でしょう。

この発想は誰も幸せにならない発想だから微妙な感じがします。

たとえ食べ残しが減ったところで、直接的に食べ物で困っている人を助ける事になるとは言えないからです。

まとめ
食べ物を食べ残すことは基本的にはマナー違反ですね。

けど、この議論を通じて「お客様が神様だから」や「食べ物で困っている人たちもいる」など議論を飛躍して述べるのは
少しズレているのかなと思います。

難しい問題ではありますが、見ていた方、聞いた方達が不快に思ったのも確かに納得できます。

私達が日々の生活を様々な物に感謝の気持ちを忘れず行動すれば良いのかな?

と私に気づかせてくれた事件でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加