【得する人損する人】ウル得マン(エビの下処理/揚げ物の衣にビール/昆布に砂糖/エビチリ/つけ麺)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


6月8日の「得する人損する人」でウル得マンのエビレシピが紹介!
「エビしんじょう」「海老のつけ麺」「海老とアボカドソースのサラダ」
「エビチリ」「エビフライ」のレシピが紹介されました。

また・・・・

  • 揚げ物をサクサクにする方法(揚げ物の衣にビール)
  • 殻付きエビの下処理(下ごしらえをハサミで時短)
  • 昆布を早く水で戻す方法(真水より砂糖水)

という、得ワザ(ウル得マンの裏技)が紹介されました。

揚げ物は衣にビールでサクサク

得する人損する人で、揚げ物にビールを入れてサクサクにする方法が紹介。
ビールを入れるとお店の揚げ物のように時間が経ってもサクサクに仕上がります。

家で揚げたものはベチャっとしがち。
海老フライ専門店の海老昌さんによると、パン粉を付ける時に、
空気がはいるようにするとサクサク仕上がるようですが、
衣に空気を含ませるのは何年か練習して習得できるような、
熟練のワザなのだそう。

しかし、ビールを入れれば簡単に揚げ物をサクサクにできます。
分量は・・・

  • 小麦粉・・100g
  • 卵・・・1個
  • ビール・・200ml

ビールのアルコールは揚げる時に飛ぶため、
お子様にも安心でサクサクの揚げ物をつくることができます。

殻付きエビの下処理をハサミで時短調理!

殻付きエビの下処理は、通常包丁を使いますが・・・
通常は、手で皮をむき、包丁で背中を切り背ワタを取るのが一般的。
この二手間がかかるものなのですが、

得する人損する人のウル得マンのエビの下処理方法は、ラクチン!
ハサミを使うことで、一気に下処理してしまいます。

  • 殻をむく
  • 背わたを取る

この2つの行程を、エビの背中にハサミを入れる早ワザ処理!
背中に沿ってハサミを入れ・・
殻をむき、背ワタを取ります。

ウル得マン 昆布に砂糖で早く戻せる

ウル得マンによると、昆布を水で戻す時、
砂糖を加えると早い時間で戻すことができるそう。

もともと、昆布には砂糖が少量含まれているそうなのですが、
砂糖水で戻すことで昆布と水に糖分濃度の差が出て、
濃い方から薄い方に移動する原理が働き、
真水の時よりも、水がどんどん昆布の中に入り柔らかくなるそうです。

ウル得マンレシピ エビチリ

ウル得マンのエビチリレシピ。
材料は・・・

  • エビ20匹
  • 長ネギ 1/2本
  • チンゲン菜 2株
  • にんにく 大さじ1
  • しょうが 大さじ1
  • 豆板醤 大さじ1/2
  • 水 400ml
  • 鶏ガラスープの素 大さじ1/2
  • トマトケチャップ 大さじ6
  • 酢 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 塩  少々
  • 水溶き片栗粉

ウル得マンレシピ 海老のつけ麺

ウル得マンのエビのつけ麺のレシピ。
材料は・・・

  • 水洗いで食べられる麺 2玉
  • 海老のすり身 80g
  • ポタージュスープの素 5袋分
  • がらスープの素 小さじ2
  • トマトピューレ 70g
  • 塩 少々
  • エビの殻 60匹分
  • 水 1000ml

先日放送された、和食が美味しくなるコツはこちら☆

【世界一受けたい授業】和食の美味しい法則 野崎洋光 しょうが焼き レシピ 煮魚
6月3日の世界一受けたい授業で和食の名店「分とく山」料理長が「生姜焼きレシピ」を紹介! 金目鯛の淡煮(煮魚)・鯛ご飯・究極の卵かけごは...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加