水キムチ 腸活 便秘改善 白澤卓二【その原因Xにあり 】長寿菌 乳酸菌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


白澤卓二先生の「水キムチで長寿菌を増やす腸活」が、
「その原因Xにあり」で紹介☆

リンゴと小松菜とお米のとぎ汁を発酵させる水キムチの食べ方や、
水キムチの乳酸菌と食物繊維で腸内環境を整え、
長寿菌を増やす効果が「その原因Xにあり」で紹介されました。

腸活は、ぬかみそや塩麹より「水キムチ」がオススメ!
水キムチは糖質制限でもOKで、血糖値の上昇も抑制してくれます。
5月12日放送の「その原因、Xにアリ!」のテーマは・・・

便秘・お腹の張り・認知症の予防に効果アリ!?
スーパーフード「長寿水キムチ」の腸活で、目指せ健康長寿!

韓国の伝統「水キムチ」の作り方・食べ方・レシピが紹介され、
水キムチの賞味期限は一週間ということで、
関根勤さんが「一週間水キムチ生活」をする実験も行われた、
2017年5月12日放送の「その原因Xにあり」を記事にします。

水キムチの作り方 その原因Xにアリ

水キムチの作り方についてですが・・
水キムチとは、一体どんなものなのでしょうか?

水キムチとは、乳酸発酵させた汁気が多い漬け物のことで、
韓国の伝統的な家庭料理です。

水キムチは具材というより「汁を飲む漬けもの」で
水キムチの汁には、乳酸菌がたっぷりと含まれていて、
お通じを良くし、しつこい便秘を解消する効果があるそうです。

そんな水キムチの作り方は、以下の方法です。

  1. 手鍋にお米のとぎ汁400mlに塩10g(小さじ2)入れ、温める。
  2. 塩もみした小松菜250g(1/2束)とひと口大に切ったリンゴ半分を密閉袋へ。
  3. 温めたとぎ汁が人肌まで冷めたら、2の袋に入れ、よく揉む。
  4. 常温で半日程度おき、乳酸発酵させる。

乳酸発酵をして袋が膨らんできたら、水キムチが完成!

「お米のとぎ汁」「リンゴ」「小松菜」という、
たった3品とジップロックで簡単に水キムチが完成するのですが・・
それぞれの食材の働きが合わさって効果は抜群!

  1. お米のとぎ汁・・含まれる糖分が乳酸菌を増やしてくれる
  2. リンゴ・・乳酸菌を増やす糖分と食物繊維が豊富
  3. 小松菜・・天然のマルチサプリと呼ばれるスーパーフード

小松菜は天然のマルチサプリと呼ばれるほど栄養豊富で、
食物繊維、カルシウム、ビタミン、ミネラル成分、鉄分がバランスよく含まれています。
小松菜の塩もみで、かさを減らし無理なくたっぷり食物繊維を摂る事ができます。

水キムチは冷蔵庫保存が必要で、賞味期限は一週間。

たった3品とはいえ、いちいち塩もみなどが面倒・・・
そんな時は、市販の水キムチを通販で購入する事が可能となっています。
こちらのは、あっさりして食べやすいと50件ほどレビューがある人気商品。
リーズナブルなお値段も続けやすいポイント!

そんな水キムチは、どのくらい長寿菌を増やしてくれるのでしょうか?

「その原因Xにアリ」では、関根勤さんが「一週間水キムチ生活」をし、
水キムチの効果が便通や長寿菌に見られるかの実験を行いました。

その原因Xにアリ 水キムチ 関根勤

関根勤が水キムチの効果を検証!
1週間水キムチを食べ続けるという水キムチ生活で、
関根勤の長寿菌がどれだけ増えるのか実験が行われました。

結果は、14.9%から15.5%に長寿菌が増加し、便秘改善!
関根さんは「水キムチで便通が良くなった!」と効果を実感したよう。

他4人の女性被験者が一週間水キムチ生活で長寿菌を測定
全員が長寿菌の数値アップという結果となりました。

水キムチを食べ食物繊維と乳酸菌を摂ることで、
長寿菌が増え腸内環境が改善される。
7日間でこれだけ腸内環境は変わるんですね。

白澤卓二先生もニンマリの水キムチの効果だったようです。
便秘は美容の大敵!美肌つくりに腸内環境の改善は不可欠なので、
関根勤さんは娘・関根麻里さんに水キムチを教えているかもしれませんね!

水キムチ レシピ アレンジ

水キムチのレシピやアレンジ方法には、どんなものがあるのでしょうか?

水キムチの量は、小鉢1皿を毎食続けるのが良いとされていますが、
毎食食べるには、美味しい水キムチのレシピやアレンジ方法が、
とっても役にたちますね。

白澤卓二先生の水キムチレシピ本は、こちらから中身チェックもできます。

便秘から認知症 レビー小体型

「その原因、Xにアリ!」によると、
長引く便秘は認知症の前触れかもしれないそうです。

ある患者の長引く便秘の原因を調べた所、
レビー小体病が原因とわかったそうなのですが、
この「レビー小体病」は実は認知症を引き起こす病気。
レビー小体病により、便秘を引き起こしていたことが判明。

レビー小体症とは、体内にたんぱく質が変異して体中の神経を攻撃することで、
レビー小体の神経細胞破壊は腸や内臓の周囲から始まり、
脊髄を上り、脳に至る危険な病。

このレビー小体が脳の働きを制限すると「レビー小体症型認知症」を発症。
これは、アルツハイマー型認知症に次いで2番目に多い認知症となっています。

そんなレビー小体症が最初に攻撃するのは、腸。

腸の働きを鈍くし、便秘を引き起こしてしまいます。
長引く便秘に悩まされて診察をしたらレビー小体症が原因で、
認知症の一歩手前だったという事があるそう。

レビー小体病の症状は「めまい」や「うなされる」事がある場合がありますが、
病院で診察をし投薬治療を受けることで、症状を抑制することができます。

悪い姿勢による「ねじれ腸」でガスが溜まるのも便秘の原因になります。
簡単姿勢チェックで骨盤のゆがみを正し、より健康的な体になる方法の記事はこちら☆

壁向きスクワット やり方 方法 姿勢改善 【世界一受けたい授業 5月20日】姿勢チェック法
世界一受けたい授業5月20日で「壁向きスクワット」が紹介! 姿勢チェック方法と姿勢改善効果のあるスクワットが紹介されます。 猫背...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加