四日市 餃子に牛乳!餃子の新味覚 白いご飯は出ません!キャッチで紹介。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


三重県四日市市の餃子店「餃子の新味覚」が、
7月14日の中京テレビ「キャッチ」で紹介されました。

四日市で愛され続けて60年。
普通のギョーザが一体なぜこんなにも人気なのでしょうか?
テレビで紹介された大人気餃子店について記事にします。

1.餃子の新味覚 クチコミ

三重県四日市で60年営業をしている老舗餃子専門店。
「ここの餃子を食べたら、よそでは食べられない」というファンが、
多くいるという本当に大人気の餃子店です。

戦後まもなくスタートし、常連客の中には、
50年ずっと食べ続けているお客さんのいるのだとか。

メニューは餃子のみ。
その餃子も決して作り置きはせず、
毎朝5時から大量の食材をさばいて餃子つくりをしています。
(なんと、200キロのキャベツを調理するんだとか)

そんな新味覚の餃子は、どんな味がするのでしょうか?

独特の味がなんとも言えず、かなり美味しいと評判のようです。

使う材料は、豚ひき肉、キャベル、玉ねぎ、
ニラ、卵、ニンニク。このシンプルな材料に・・・

創業当時から代々受け継がれた特別の味付けをして完成。

お店に入ると、次々と焼き上がる餃子。
お客さんは次々に餃子を食べます。

お昼のピークを過ぎた午後2時でも行列をつくっています。

2.餃子の新味覚 メニューにご飯ナシ!

餃子の新味覚の最大の特徴は、そのメニュー。
白いご飯がありません。
びっくりですよね?

個人的には白いご飯が大好きなので、
私はおかずが何であっても、おかずだけは食べられないタイプです。
なので、とっても驚きました。

ニュース「キャッチ」でお店に理由を聞くと、
「ウチは餃子専門店だからご飯はおかない」とのこと。

餃子には白いご飯が食べたい!と言われても決してブレないそうですよ。
餃子とビールはあるけれど、白いご飯は無いようです。

3.餃子の新味覚 きざみニンニク 暴力的な旨さ?

新味覚の餃子のファンにインタビューしてみると、
お店が好きな理由は、好きなだけかけて食べる事ができるニンニク。

こちらの「きざみニンニク」が掛け放題なんだとか。
このラー油+きざみニンニクの美味しさは衝撃的のようで・・

「暴力的な旨さ!」と震えながらインタビューに答える人も・・。
「サラリーマンとしては許されざる旨さ!ビビった!」とまで言う人も。

4.餃子に牛乳!四日市 定番

餃子の新味覚さんの取材中に、ちょっとビックリする現象が発生。
お客さんが次々に「牛乳!」と、牛乳を注文しだします。

お店の人いわく「先代が牛乳を置きはじめた。四日市では、
ギョーザに牛乳は定番になっています」とのこと。

びっくりしましたが、味がマイルドになって美味しそうですね。
瓶入り牛乳の値段は1本150円。

5.餃子の新味覚 持ち帰り

新味覚さんの餃子は持ち帰りもできます。
午後4時くらいからは、夕食用にお持ち帰り餃子を買いに来る、
お客さんが大勢います。

6.餃子の新味覚 アクセス/駐車場

近鉄四日市駅前店と桑名店があるようです。
人気店なので駐車場はあるけれど満車になることも多いようです。

電車でのアクセスは、近鉄四日市駅北口から徒歩15分程度。

東京都港区南青山1-15-19

三重県四日市市久保田2-10-1
営業時間:11:30~20:00 電話番号:0593-53-1724
定休日:月曜/第3火曜

餃子の王将の裏技!旅ずきんちゃん 餃子の王将ハカセの旅(7月2日)
7月2日の旅ずきんちゃんは、餃子の王将がテーマ! 餃子の王将ハカセに餃子の王将の知られざるエピソードや豆知識、 王将の餃子を美味しく...
三重 日本の黒豆納豆が日本一の納豆に選ばれました(納豆の全国大会)
三重県桑名市の黒豆納豆が日本一の納豆に選ばれた事が、 7月10日のニュースで紹介されました。 7月10日は納豆の日なんだとか・・・。...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加