YOU ARE A BADASS もっと「自分のため」に生きていい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク


ジェンシンセロ著、山川 紘矢・山川 亜希子さんが翻訳の、
「もっと自分のために生きていい(you are a badass)」を読みましたので、
レビューします。

本屋でパラパラめくって良さそうと思い、即購入したこの本。
のちにアマゾンのレビューを見たら「ふわふわしたスピリチュアルの本」と、
酷評されているのを知りましたが、個人的にはとんでもない!

読んで良かったと思える本なので紹介します。

もっと自分のために生きていい!

自分を愛することが大事なのはスピリチュアルではよく言われています。
そのため「私は自分を大事にしている!愛している」と思っている人は
多いと思います。

でも、自分のために時間を使ったり、やりたいことを本当にやっている人は多くないはず。

この本では、「誰のための人生なの?」と問いかけることから始まり、
今の自分を大切にしてあげることで、不安を幸運に変えていく方法が書かれています。

その中で、私が一番励まされた言葉を紹介!

人と比べてはいけない

この「人と比べてはいけない」はよく言われている言葉ですが、
この「you are a badass」には、ハっとする表現がありました。

なにか自分が自慢できるようなことを成し遂げ世界一の気分のとき、
似たようなことを他の人もしていたことを知り、自分としては、
その人のほうがずっと上手くやっているように思えて、
一瞬のうちに悲しくなった事があるか?というような問いかけ。

これにはハっとしました。

私達は、何で他人を気にしてしまうのだろう??

自分が何かをしてハッピーでいるとき、
他人がどう思うか?や、他人が同じことをやっているか?なんて、
どうして考えてしまうのだろう?

比較は、人生から最速で楽しみを奪う方法

他の人が何をしているかなんて、本来全く関係ないはず。

大切なのは、自分自身が楽しめているか?
自分が作り出すものに満足しているか?であること。

他の人が何をしているかなんて、それはその人の人生・問題であって、
そんなくだらない事を考えて、自分の貴重な時間を無駄にしてはいけない。

これができれば、どんなに解放された気分になれるだろう?

思い出せば、若い時は他人の意見が大きく影響した。
私も高校生の時なんて、自意識過剰すぎて、笑ってしまうくらいだった。

年齢が上がるにつれて、自分では、
「周りの目を気にせず自分らしく生きれるようになってきたな~」と思うのだけど、
それでも完全にこういう無意味な束縛からは逃れられていない気がします。

これは本当に自分が・・・
「なりたい/したい/もちたい」と思うモノだろうか?

そう考えて、自分を基準にして、他人というワードを消し去ろう。

自分の「ストーリー」という思い込みに気づく

スピリチュアルの観点では、これも当たり前となっていますが、
人はそれぞれ「自分の中の世界」に生きています。

どんなに大切な家族や恋人であっても、見ている世界は自分とは別。

そんな自分だけの世界に最も影響を与えるのが、ストーリー。
これは自分の偏った認識のことで、真実ではありません。
たとえば・・

  • 私は喋るのが苦手
  • 私は人からダマされやすいタイプ
  • いつだって私は損な役回り
  • 私は、いつも嫌いなタイプからつきまとわれる
  • 好きな仕事でたくさんお金を得るなんて無理
  • 30過ぎて独身のいい男なんて残っていない

このようなこと。
こういう思い込み(ストーリー)は全く正しくないのに、
多くの人はそれが真実であると思ってしまっています。

実は、これを手放す事ができれば、人生は全く違うものになります。

自分のストーリーを消して幸せになる方法

そのような思い込みは、人生のいつ築き上げられたものなのでしょうか?

幼少期であったり、思春期であったり、大人になってからだったり様々で、
これで十分ということはなく、実はどんどん増えていっています。

自分らしく自由に生きるためには、この思い込みは捨てなければなりません。

そのためには、自分がどんな理由でその思い込みを持っているかの理由を知る事。
このようなストーリーとは、何かを正当化して自分を守るために持っているのです。

たとえば、自分には恋愛運が無いと信じていれば、
ダメ男に出会って傷つけられたとしても「自分はダメ男と縁があるから」と
思って、そのストーリーのせいにして自分を守ろうとします。

この本では、ストーリーに気づいて、それを手放す方法が書かれています。
そのほか・・・

  • 私とあなたの間に線を引く方法
  • 自分だけの才能を2000%活かす方法
  • 瞑想で人生の質が変化する
  • モットーは「何が起きるかちょっとやってみる」
  • 「考えすぎて動けない」時はどうする?
  • 今日からお金はあなたの大親友
  • 「本気で成功する気はありますか?」

など、人生をハッピーにするコツがたくさん書かれていました。

スピリチュアル系の書籍は、買って失敗したものもありますが、
こちらの本は買ってよかった本でした☆

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加