座間市9人を殺害した白石容疑者がヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


神奈川県座間市のアパートの1室で10月31日までに9人の遺体が発見されました。

警視庁は同日、この部屋に住む白石隆浩容疑者(27)を死体遺棄容疑で逮捕したとの事。

遺体は切断した後、足や腕、肋骨(ろっこつ)から肉をそぎ落としてごみに出し、

「頭部や骨も捨てたかったが、ばれるかもしれないと思い捨てられなかった」

という趣旨の供述をしているとの事です。

また、現場アパートに引っ越した直後の8月末から逮捕直前までの2カ月間で

「9人を殺害した、最初は遺体を切断するのに3日間かかったが、2人目以降は1日で終わるようになった」

と説明している。
 
2ヶ月で9人とは、悪い意味で歴史に残っていく残忍な犯行です。

犯行もすぐに手馴れた事をまるで自慢している様子で罪悪感のなさが伺えます。

遺体のうち女性は8人で、男性は1人です。

“最初の殺人”は8月下旬で、1組のカップルでした。

白石容疑者は「最初に女性を殺害した後、交際相手の男性を殺害した」、

抵抗する女性の首を絞めて気絶させた後で殺害した」と供述しています。

また、8人の被害女性全員に性的暴行を行ったと話しており、

17歳ぐらいの未成年女性も4人含まれているといいます。

白石容疑者のアパートの部屋からは、切断用らしきノコギリが見つかっているのですが、

新たに拘束グッズや虐待に悪用できる道具も押収されたようです。

被害者の所持品は殺害後、衣類や所持品を廃棄。財布は現金だけを抜き、

被害者の名前が刻印されているカード類には手を付けなかったと供述しているとの事。

警視庁高尾署捜査本部は、事件関与の発覚を恐れ、証拠隠滅を図っていたとみて調べているらしいです。

白石容疑者は新宿のニューハーフクラブに出入りし、お店の“女性”に豊胸手術についてや、

性転換について執拗に質問していたという証言がでできています。

元同僚が、男性と添い寝をする仕事をしていたこともあるとも明かしているそうです。
 
被害者は女性ばかりで、唯一の男性は彼女が行方不明になった原因が白石容疑者にあると確信して、

白石容疑者の自宅に訪問したことで殺害されたみたいです。

白石容疑者はバレることを恐れて殺害したのでしょう。

 何故、この短期間で9人も殺したのでしょう?

動機は何だったのでしょうか?

女性になれない自分の苛立ちなどが犯行の動機となったのでしょうか?

しかし性的暴行を加えているんですよね。

動機がとても不可解です。

ただ、以下の様な証言も出ているようです。

同容疑者の実家近隣住民によると

「10年前、容疑者の実家前の道路に、血まみれの猫が横たわっていたことがあり、

猫の体には、刃物でザクザクと刺されたような傷があった」

もしこれも白石容疑者の仕業だとしたら、10代の頃から異常性があったのが見えます。

猟奇的殺人を行う人間に、小動物を虐待する話はよく聞きますね。

このような残虐性を持つ人間は、いずれ小動物では飽き足らなくなり、人間を殺してみたくなるそうです。

この事件を知った時、神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇を思いだしました。

早い段階でまわりが気付いてメンタルケアができていれば、多くの被害者が救われていたかもしれません。

捜査関係者によると、同容疑者は会員制交流サイト(SNS)のツイッターで

「首吊(つ)り士」「死にたい」など複数のアカウントを使い、

自殺志願者の女性を物色していたことがわかっています。

ツイッターで連絡を取った後、無料通信アプリLINE等で個別に接触。

ツイッターで知り合った女性には10月中旬ごろ「人を殺したことがある。キャバクラ嬢を埋めた」
との発言もしており、警視庁はこの件も捜査しているらしいです。

「人を殺したことがある」などと言う人に会ったら、まずは通報すべきです。

もしかしたらここまで多くの被害者が出ないで済んだかもしれません。

そして白石容疑者が使用していたとみられるアカウント「首吊り士」は9月に開設。

プロフーィルに「首吊りの知識を広めたい。本当につらい方の力になりたい」と記載し、

自殺願望のある人に「自殺する前に友人、家族、SNSにこれから死にますなど連絡を入れるのはNG」

などと言っていたそうです。

ターゲットを見つけた後、自分の存在が発覚するのを恐れてのことでしょうか?

だとしたら衝動的な犯行ではなく、冷静な保身の判断ができていての計画的犯行です。

なおさら許されませんね。

ツイッターで知り合った女性によると、声は優しそうで、都内に住む25歳「りょう」と名乗り、

「自殺希望のいた子に自殺方法を伝授した」「遺体を埋めたことがある」と得意げに告白。

当初は「一緒に死にたい」と言っていたが、10月に入った頃から「お金をくれたら殺してあげる」と言うようになり、

報酬として女性の「全財産」を要求したといいいます。

本当はお金が目的だったのでしょうか?

白石容疑者は、SNSのやりとりの中で、執ように性別と年齢を確認。

“10~20代の若い女性”との確証が得られるまで何度も確かめていたとの事。

殺害後の処理に男性や50kg以上の女性だった場合の負担を考えてのことでしょうか?

または女性の身体が目的だったから、まだ社会経験の少ない子の方が掴まえやすかったからでしょうか?

いずれにしてもやはり計画性のある犯行なのが伺えます。

そんな中、インターネット掲示板で事前に死体の処理方法を聞いていたのではないか、とも囁かれ始めました。

遺体発見現場ではクーラーボックスに9人の切断された頭部と「猫砂」(猫のトイレ用に使われる砂)がまかれており、

同容疑者はほかの肉と内臓はゴミとして捨てたといいます。

事件発覚前に「2ちゃんねる」に立てられていたあるスレッドでは、

「【急募】50kgの肉を今日中に処理する方法」というタイトルのスレッドが

「2ちゃんねる」の雑談系の板に立ったのは2017年8月2日

『事情があって50kgのお肉が手に入ったんやがどうすればええんやろ ワイはそこまで大食漢ではないし、早めに処理したい』

とあった。

お肉の処理方法としては聞き慣れない「猫砂」を紹介するものや、

事件で遺体保存に使われた「クーラーボックス」への言及もあり、

スレッド作成のタイミングや内容がこの事件との一致点がある。

また、その後に立った別のスレッドでユーザーが「素人でも解体できるかな?

血抜きはもうしてあるんやけど」「んー分かった 解体してちょっとずつ溶かします」と、

自ら「解体」について言及していた。 
 
その後、9月6日にも2ちゃんねるの別の板で、

『【大至急】死体の処理方法教えてくれ』とのでスレッドが立った。

それに対して「アメリカのドラマでよくあるのガレージに置いてる でかい冷凍クーラーボックスおすすめ」
との書き込みもあった。

50kgって、ちょうど二十歳前後の女性の一般的な体重です。

しかし容疑者が座間のアパートに入居したのは8月22日ごろ。

上記スレッドはそれより3週間前に立ったので、では実家や新宿に居た頃に解体したの?

と想像させられます。

この手のスレッドはたびたび上がるので、偶然かもしれませんが..

捜査関係者によれば、取り調べ中の白石容疑者は「淡々とよどみなく答えている。
彼にはすでに国選弁護人が付いており『しゃべり過ぎないように』と忠告しているが、
本人がそれを無視してペラペラと話している。捜査員も『異常だ。こんなヤツ、見たことがない』と口を揃えている。

との事です。

どこまでも異常で、常人にはまったく理解できません。

9人を殺害してその遺体と過ごしていたなんて、とても想像できません。

そんな人間でも逮捕時は顔を隠すのですから不思議です。

その心理もまた理解できませんね。

変わり果てた姿で帰宅される遺族のことを思うと、いたたまれないです。

若い子のSNS利用にも、もっともっと制限が必要に思います。

この事件はまだ発覚してから日が浅いの為、事件の真相は解明されてはいません。

警察の方にはしっかりと事件の全容解明に全力を尽くしてもらいたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加